Frank OceanやChance The Rapperが候補者討論会を受け大統領選の投票を呼びかける

アメリカでは今日、11月3日に控えた大統領選に向け、初となる大統領候補者のテレビ討論会が行われた。

そこではジョー・バイデン候補の発言をトランプ現大統領が遮り注意を受ける場面や、極右団体に「待機しておけ」と呼びかけるなど数々の問題発言、行動が見られ物議を醸しているが、この討論会を受けてFrank Oceanが自身のInstagramを更新し、ファンに投票の呼びかけを行っている。

Complexによると、Frank Oceanは討論会の最中にInstagramのストーリーを更新。「討論会は、全てがフェイクであるように感じられた。問題はそこじゃない。ドナルドは大統領で、もし彼が選挙で負けても、ホワイトハウスからは出ていかないと言われている。頼むから投票して欲しい。彼が引きずり出されるのを見る方が、この討論会よりも遥かに面白いはずだよ」と、選挙でトランプを大統領の座から追い出すことをファンに呼びかけている。

続けて「もし選挙人登録が終わっていないのなら、BLONDED.COにスワイプしてくれ。2分で登録出来るよ。おやすみ」と、自身のウェブサイトで投票のための登録が可能であることを知らせている。

また、Chance The Rapperも討論会の惨状を受け自身のTwitterを更新。「この国全体が、自分たちの大統領が公然と人種差別主義者で白人至上主義者であるという事実と、それが国民にとって意味することを軽視し続けるかどうか、もしくは、彼を投票で落とすかどうか、決断を下さなければいけない」とツイートし、投票を強く呼びかけている。

ドナルド・トランプが仮に再選を果たした場合に起こりうることを改めて想像させられてしまうこととなった今回の討論会。多くのアーティストが危機感を覚え投票を訴えている状況だが、果たして選挙の結末はどうなってゆくのだろうか。

related

SZAが新曲“Good Days”のリミックスをFrank Oceanに依頼すると語る

SZAが昨年末にリリースしたニューシングル“Good Days”。Jacob Collierが参加したこの楽曲は彼女の『Ctrl』に続く新作を期待させるものとして高い評価を受けているが、そんな同曲について楽しみなニュースが出ている。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。