Chance The Rapperが新作への批判に対し「みんなに死ねと思われてるような気がする」と明かす

先日、待望の1stアルバム『The Big Day』をリリースしファンを大いに喜ばせたChance The Rapper。公私ともに絶好調にあるはずの彼だが、心の内に苦しみを抱えているようだ。

今週月曜日、Chance The Rapperは自身のTwitterにて「みんなが俺に自殺するよう求めているような、そんなおかしな感情を抱えている」とツイート。続けて「俺のバイブスじゃないけど、圧を感じるんだ。それ以上に、何人かは俺が恥ずかしいと思うことを望んでいるように感じる」としている。

これだけで彼の真意を理解することは難しいが、Chanceは続くツイートにて「恥はヘビーだよ。一度誇りに思ったことを恥ずかしく思うことはもっとヘビーだ」「奇妙なのは、音楽は俺の毎日に最も影響を与えるものなんだ。俺をどちらの感情にすることも出来る。それは俺にとって生々しいことだ。他の人は音楽を燃料にしていることも確かだし」としており、どうやらアルバム『The Big Day』に対し自分でも複雑な感情を抱えていることを仄めかしている。

しかし同作によって勇気付けられたファンもいたこと、そしてTwitterで自らの気持ちを吐き出したかったと語った上で、最後に妻への愛を語ってツイートを締めくくった。

XXLによるとChance The Rapperの一連のツイートは『The Big Day』が「妻のことしか話していない」との批判を一部のファンから浴びせられていることにあるようで、中には「これがChanceの新作の内容」として「俺は妻を愛してる」と連呼する動画を投稿し彼を揶揄したTwitterユーザーもいる。

満を辞して世に出した自身の1stアルバムが批判を浴びたことでChanceの心も傷ついてしまったのだろうが、内容自体は今までの彼の色を存分に出しリスナーを十分に満足させるものだったはず。『The Big Day』を経た彼が次に出す作品はどのような内容になるのかが気になるところだ。

related

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

Frank OceanやChance The Rapperが候補者討論会を受け大統領選の投票を呼びかける

アメリカでは今日、11月3日に控えた大統領選に向け、初となる大統領候補者のテレビ討論会が行われた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。