Noname、Saba、SminoからなるグループGhetto Sageがシングル“Haagen Dazs”をリリース

それぞれシカゴを拠点に活動するNoname、Saba、Sminoの3人のラッパーが結成したグループGhetto Sageがシングル“Haagen Dazs”をリリースした。

3人とも趣は違えど、どちらかというとR&B寄りな楽曲のイメージがあるが、今回リリースされた“Haagen Dazs”はそのイメージとは裏腹に、バウンシーなトラックの上で、それぞれが巧みなフロウを披露するアッパーな楽曲となっている。

実は先週の金曜日、Ghetto Sageというアカウント名でTwitterを開始した彼らは今週月曜日に、このようなツイートをしていた。


この「10/17」というツイートに対し、ファン達の間では10月17日に何らかのプロジェクトがリリースされるのではと囁かれていた。結局、リリースされたのはアルバムではなくシングルだったが、ファンは喜んでいることだろう。

ちなみにこの3人がコラボするのは、これが初めてではなく、Nonameが2016年にリリースした“Shadow Man”そして同じく彼女が2018年にリリースした“Ace”でコラボしている。今年の3月に行われたBillboardのインタビューでSminoは3人の関係性やグループを結成する可能性について語っていた。
彼は「正しいタイミングでそういうこと(グループを組むこと)をするのは、俺達にとって有益だと思う。実際、俺達はそれに向けて取り組んでいるしね。俺達はいつも集まる度にそのことについて話すんだ。「この状況をなんて呼ぼうか?」ってね。SabaとNonameは『NOIR(Sminoが昨年リリースしたアルバム)』には参加していないし、俺はNonameがSabaのアルバムに参加するとは思わない。でも俺達はずっとお互いを同じく愛している。俺達は仲間なんだ。彼らは本当の友達だよ」と話しており、3人の間の固い友情がうかがえる。

このインタビューから約7ヶ月経ち、ついに3人がグループとして楽曲を発表したわけだが、今後アルバムなどのリリースはあるのだろうか。今後もGhetto Sageの動きに注目である。

related

Thundercatの最新作『It Is What It Is』から人気曲"Dragonball Durag"にSminoとGuapdad 4000が参加したリミックスが登場

Thundercatが今年4月にリリースした最新作『It Is What It Is』から、ミュージックビデオも公開された人気曲"Dragonball Durag"のリミックスが公開された。

Nonameが「トランプを史上最悪の大統領と呼ぶのは非生産的」と持論を語る

先日はJ. Coleの楽曲“Snow On Tha Bluff”を受けて発表したアンサーソング“Song 33”で大きな話題を呼んだNoname。Black Lives Matterムーブメントにおける自身の考えを明かしたことでオピニオンリーダーのような役割を担わされた苦悩も明かしていた彼女だが、今回、トランプ大統領について自らの持論を語ったことが話題を呼んでいる。

Nonameが「私はJ. Coleが言うような時代のリーダーじゃない」と苦悩を明かす

先日、J. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff”の中でディスとも取れる言及を受け、それに対するアンサーとして新曲“Song 33”をリリースしたNoname。Black Lives Matter運動に十分にコミットすることが出来ない苦悩を明かしたJ. Coleに対し、NonameはJ. Coleによる自身に対する言葉が不当であること、また女性やトランスジェンダーが暴力を受けている現状を厳しく告発した(J. ColeとNonameのやり取りについての詳細はこちらのコラムを参照して頂きたい)。今回、先述の出来事を経たNonameが改めて自身の抱える苦悩を明かしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。