SminoがSaba、Nonameの二人とグループを結成するアイデアを明かす

昨年、それぞれ『NOIR』、『CARE FOR ME』、『Room 25』とアルバムを発表し高い評価を受けたSmino、Saba、Noname。シカゴの新鋭であるこの三人が、グループを結成する可能性があるようだ。

Billboardのインタビューに登場したSminoは、SabaとNonameの二人について尋ねられ「タイミングが合えばグループをやるのは良いと思うんだ。俺たちもそれに向かって動いてるよ。俺たちはいつも集まっては「これを何て名前にしようか?」って話してる。俺たちは作った曲をいつも送りあってるんだ。SabaとNonameは『NOIR』には参加しなかったけど、NonameはSabaのアルバムに参加したし、いつでも同じ愛をお互いに示してる。本当の友達だよ」と語っている。三人の間にプライベートでも交流があり、頻繁にグループの構想について相談していることが分かる。

シカゴ在住で音楽性に共通点も多い三人。Nonameの『Room 25』に収録された“Ace”はまさに彼らが共演した楽曲だが、ライブで披露する際も仲が良いだけあってコンビネーションのとれたパフォーマンスを行なっている。

メロウかつハイセンスなサウンドで人気を博す三人がグループを組めば、彼らの存在感がこれまで以上に大きくなることは間違いないだろう。今後の彼らの動きから目が離せない。

RELATED

Sminoがラジオヒットを狙った音楽を作らない理由を語る

先日待望のセカンドアルバム『NOIR』をリリースしたSminoがRolling Stoneのインタビューに登場。自身の経歴とアルバムの制作方法などについて語っていく中で、ラジオヒットを狙った曲を作らない理由を明かしている。

今週デビューアルバム『Room 25』をリリースするNonameが、同作をレーベルと契約せず全て自分で出資したと明かす

昨年には来日公演を行い、今週末に待望のデビューアルバム『Room 25』をリリースするNoname。そんな彼女が、アルバムをレーベルの手を介さず全て自分の手で完成させたことを明かしている。

Nonameが今週デビューアルバム『Room 25』をリリースへ

シカゴ出身のシンガー・ラッパーで、昨年は来日公演も行ったNonameが、デビューアルバム『Room 25』をリリースするとアナウンスした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。