21 Savage

21 SavageがLayzie BoneのMigosへのディス曲を批判

先日、「史上最高のグループ」を自称したMigosに噛みつき、ディス曲までも発表したLayzie Bone。その曲の中でMigosとともにディスを向けられた21 Savageが自身のInstagramライヴにて「ワックだ」と曲を一蹴している。

21 Savageがキャリアの最初の頃は真面目にラップをしていなかったと明かす

先日、待望のニューアルバム『I Am > I Was』をリリースした21 Savage。 そんな彼がThe Breakfast Clubに出演。これまでのキャリアを振り返っている。

21 SavageがSZAの“The Weekend”などR&Bチューンのカラオケを披露

今ではアトランタを代表するラッパーの1人である21 Savageは今後ジュエリーは付けないと宣言したり、子供達のためにチャリティーを設立するなど、楽曲にダークなものが多いのも相まって、クールで真面目なイメージがあるが、意外とお茶目な一面もあるようだ。

21 Savageが「Drakeの新人アーティストに対する献身的な行動は十分なリスペクトを得られていない」と語る

明日ニューアルバム『Scorpion』をリリースするDrakeは、昨年はBlocBoy JBの"Look Alive"に参加し、今年に入ってからはLil Babyの"Yes Indeed"と、若手アーティストの楽曲にフィーチャーされている。

21 Savageが「アトランタのラッパーは全員クソだ」と攻撃

ジュエリーを買うのをやめて、貯金を始めるなど新しいギャングスタラッパーの道を歩み始めているように思える21 Savageだが、遂には地元のラッパーたちにも愛想をつかしてしまったようだ。

ジュエリーを買わなくなった21 Savageが「金持ちになってきた」と語る

21 Savageは今年の2月に、マネージャーを通じて今後ジュエリーを買わないと宣言したが、その効果が早くも出ている事をVogueのインタビューで語っている。

21 Savageが参加していたプールパーティーで乱闘騒ぎとなり銃を持ち出す

21 Savageは以前インタビューで、「みんなおれが銃とかについてラップしすぎていると言うが、それが実際起こっていることなんだ、リアルな生活の中で起こっているんだ」と発言していたが、それを自身で証明するような出来事が起こってしまった。

21 Savageが"This Is America"への参加について語る

昨日開催されたBillboard Music AwardsでPost Maloneと21 Savageによる"Rockstar"が、"Top Rap Song"を受賞し21 SavageとPost Maloneが授賞式に登場した。

21 Savageの影響でペイントボールでの銃撃戦が大流行

現在アメリカではペイントボールと呼ばれる野菜の色素を基にして作られた無毒性塗料入りの弾丸を打ち合うのが子供達の間で大流行しているとUSA Todayがリポートしている。そしてこの流行の陰に21 Savageがいるという。

21 Savageが「夢は飛行機のパイロットになること」とセス・ローガンに語る

最近の21 Savageは、より自分自身の役割や目的を明確に追求しているように思える。彼は「一生良い暮らしができる幸せだけをくれ」とInstagramに投稿したり、若者がしっかりと経済の仕組みを学べるようなチャリティーを考えたりと、人間的に変化しているように感じられる。

「21 Savageはヒップホップシーンで最も区別しやすい声を持っている1人だ」と人気プロデューサーデュオが主張

ノルウェーのEDM系の人気デュオのStargateが、昨日21 Savage、PARTYNEXTDOOR、Murda Beatzをフィーチャーした豪華コラボチューン"1Night"をリリース。プロモーションとしてApple MusicのBeats 1のZane Loweがホストを務める番組に出演した。

21 Savageが「一生良い暮らしができる幸せだけをくれ」と願う

ステレオタイプなラッパー像とは一線を画す言動が目立つ21 Savageが、自身のインスタグラムで4/24にファンに成功について自身の考えを明かした。

21 Savageが次のアルバムではギャングスタスタイルに戻ると明かす

最近21 Savageはシーンとは関係なく自身だけの道を歩もうとしているようだ。彼は「ヒップホップシーン一番のラッパーには興味がない、自分は大金持ちになりたい」と発言したり、また「お金を使うのが馬鹿らしくなった」とも述べており、ラッパーのステレオタイプを脱出しようとしている。

21 Savageが「1番のラッパーなんかになりたくない、1番の大金持ちになりたい」と主張

いつの時代もヒップホップの世界では「今、最高のラッパーは誰か」という議論が絶えることはない。そして沢山のラッパ−が「俺が今1番ヤバいラッパーだ」と主張するのである。

Three 6 Mafiaの"Who Run It"を新たにJuicy J本人と21 Savageがリミックス | ムーブメントはさらに拡大

先日伝えたようにサウスの伝説的グループThree 6 Mafiaが、2000年にリリースしたアルバム『When The Smoke Clears: Sixty 6, Sixty1』のリードシングル"Who Run It”のビートを用いたラッパーによるリミックスが注目を集めている。
もっと見る