21 Savageが「Drakeの新人アーティストに対する献身的な行動は十分なリスペクトを得られていない」と語る

明日ニューアルバム『Scorpion』をリリースするDrakeは、昨年はBlocBoy JBの"Look Alive"に参加し、今年に入ってからはLil Babyの"Yes Indeed"と、若手アーティストの楽曲にフィーチャーされている。

Drakeが新人アーティストのフックアップを行うのは、昔からのことでDrakeが"Sneakin"にフィーチャーしたことで、大きな話題を呼びその後のスター街道に弾みがついた経験をもつ21 Savageが、GQのインタビューでDrakeについて語っている

21 Savageは、Drakeから以前誕生日プレゼントをもらったことを明かし、Drakeが若手アーティストに対し、自分がしなくてもいいことをたくさんしてくれる「本物のいい奴だ」と絶賛している。

さらに21 Savageは「Drakeはアップカミングなアーティストに多くのことをしてくれる、それについて彼が十分なリスペクトを得られているとは思わない」と献身的なDrakeの行動が理解されていないと主張した。

「毎年彼は新人アーティストを引き上げていて、そんなレベルで同じことをできているアーティストは他にはいない」と21 SavageはDrakeへのコメントを締めくくった。

Drakeについては亡くなったXXXTentacionは、自身のフロウを盗用されたと主張するなど若手アーティストの中でも評価が分かれているところではあるが、Drakeの意図がどうであれ、Lil BabyやBlocBoy JBも人気アーティストの仲間入りをしたのはDrakeとの共作曲の存在があるのは間違いないだろう。

 

RELATED

21 Savageが移民税関局に拘留されている人々に25000ドルを寄付

今年の2月に不法滞在の容疑で逮捕され、先日は自身の国籍についてからかってきたラッパーと口論を繰り広げた21 Savage。そんな彼が、自身と同じく移民税関局(ICE)に不当な逮捕を受けている人々をサポートすべく多額の寄付を行ったことが報じられている。

21 Savageが自身のことをアメリカ出身ではないとからかってきたラッパーとInstagram上で口論

今年2月、21 Savageがイギリス国籍であるにもかかわらずアメリカに不法滞在していたとして逮捕され、大きな騒動となったのは記憶に新しい。Jay-Zをはじめとする多くのアーティストの助けもあってか、現在は無事釈放された彼だが、当時インターネット上には彼に関するミームや不謹慎なジョークが溢れかえっていた。そのような状況も、事件から数ヶ月経った今となっては落ち着いたとみられていたが今回、21 SavageがInstagram上で自身をからかってきたラッパーと口論を繰り広げた。

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。