21 SavageがLayzie BoneのMigosへのディス曲を批判

先日、「史上最高のグループ」を自称したMigosに噛みつきディス曲までも発表したLayzie Bone。その曲の中でMigosとともにディスを向けられた21 Savageが自身のInstagramライヴにて「ワックだ」と曲を一蹴している。

#21Savage says he loves #BoneThugs but thought #LayzieBone’s #Migos diss track was trash.

VladTVさん(@vladtv)がシェアした投稿 -

動画内で彼は「俺はこの曲はもっとハードなものになると思ってたよ。なぜなら俺はオールドスクールの曲が好きだからね」とBone Thugsへのリスペクトを口にしながらも、「だけどこの曲はクソワックだ。多分俺が今まで聴いてきた中で1番しょうもないディス曲だと思う」と主張。

また、「誰があいつ(Layzie Bone)にこんなことをやらせる後押しをしたんだ?」とLayzie Boneがこのようなディス曲をリリースするのを止めようとした人間は誰もいなかったのかと疑問を呈している。

確かにこのような古い世代が新しい世代をディスするのはヒップホップシーンではよくあることだが、21 Savageの言うように不毛な争いであることはいうまでもない。Wiz Khalifaが「旧世代のラッパー達は新世代のラッパー達をサポートするべき」と語っていたが、このような考え方が浸透するのはまだまだ先の話なのかもしれない。

この調子だとMigosも21 Savageもディス曲を発表することはなさそうだが、このビーフはどのような結末を迎えるだろうか。

RELATED

21 SavageがMetro Boominとのコラボ作『Savage Mode 2』をアナウンス

2016年にリリースされ、21 Savageが一躍スターダムを駆け上がるきっかけとなったMetro Boominとのコラボミックステープ『Savage Mode』。その続編となる『Savage Mode 2』が制作途中であることを21 savageがアナウンスした。

21 Savageが移民税関局に拘留されている人々に25000ドルを寄付

今年の2月に不法滞在の容疑で逮捕され、先日は自身の国籍についてからかってきたラッパーと口論を繰り広げた21 Savage。そんな彼が、自身と同じく移民税関局(ICE)に不当な逮捕を受けている人々をサポートすべく多額の寄付を行ったことが報じられている。

21 Savageが自身のことをアメリカ出身ではないとからかってきたラッパーとInstagram上で口論

今年2月、21 Savageがイギリス国籍であるにもかかわらずアメリカに不法滞在していたとして逮捕され、大きな騒動となったのは記憶に新しい。Jay-Zをはじめとする多くのアーティストの助けもあってか、現在は無事釈放された彼だが、当時インターネット上には彼に関するミームや不謹慎なジョークが溢れかえっていた。そのような状況も、事件から数ヶ月経った今となっては落ち着いたとみられていたが今回、21 SavageがInstagram上で自身をからかってきたラッパーと口論を繰り広げた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。