Bone Thugs-N-HarmonyのLayzie Boneが「Migosは俺たちをリスペクトするべき」と主張

現在のヒップホップシーンの発展を語る上で、古くから活動を続けてきたベテランのアーティストの存在を無視することは出来ない。しかし、ベテランの中には「若手からのリスペクトが足りていない」と考える者もいるようだ。歌うようなフロウのラップで90年代に一世を風靡したグループBone Thugs-N-HarmonyのLayzie Boneが、「Migosは俺たちをもっとリスペクトするべきだ」との主張を行なっている。

Layzie BoneはTMZの取材に対し、「Bone Thugs-N-Harmonyは歴史の中で見落とされ、リスペクトされずにいた。R&Bだと言われていたんだ。俺たちは今の年寄りに歯向かっている若者のようだったが、実際には違った。俺たちの前に出てきた人々をオマージュしていたんだ。彼らがしていたことをリスペクトしないなんてことは無かった。彼らには才能があったからな」と、自らも当時は斬新なスタイル故にバッシングを受けたが、先達をリスペクトする心は忘れていなかったと述べ、「お前たちもリスペクトを見せる必要があるんだ。自分がどこに向かうのかを知るためには、どこから来たのかを知る必要があるだろ?」と、若手には自分たちをリスペクトして欲しいと訴えた。

Layzie Boneがこのような発言を行なった背景にはMigosがInstagramで自分たちを「史上最高のグループ」だとした画像を公開したという出来事があるようだ。

THE GREATEST OF ALL TIME

Migosさん(@migos)がシェアした投稿 -

「俺たちは世界に自分たちが最高のグループだということを示そうとしている。史上最高のグループの一つだ。俺たちは奴らをぶっとばすつもりだよ。もしお前らがヒップホップ史上最高のグループだと主張するなら、殺しに行くつもりだぜ」と語る彼は、Migosが「史上最高」を自称することはおこがましいと考えていることが分かる。

確かにBone Thugs-N-Harmonyのスタイルが後世に与えた影響は計り知れないものだ。しかし、現状「史上最高」や「G.O.A.T」といった表現はラッパーたちのセルフボーストの中で気軽に使われている言葉であり、Layzie Boneのリアクションはやや過剰反応であるようにも思える。

現在最も人気のあるヒップホップグループであるMigosと、ベテランであるBone Thugs-N-Harmonyのバトル。勢いづいた若手に苛立つ気持ちは想像に難くないが、レジェンドらしい余裕のある態度とは言えないだろう。

RELATED

Gucci Maneが「Migosは昔のMVでフェイクのチェーンをつけていた」と主張するもTakeoffに否定される

現在は不動の地位を確立しているGucci ManeとMigos。今回、Gucci ManeがMigosに対し思わぬ指摘を行なったことが話題となっている。

Migosの熱烈ファンがQuavoとOffsetの顔のタトゥーを入れる | Takeoffのものは今後入れる予定

近年のヒップホップシーンでも有数の成功を収めているMigos。そんな彼らの熱狂的なファンが、QuavoとOffsetの二人の顔をタトゥーに彫ったことが話題となっている。

OffsetがDonald Glover制作のMigosパロディコント『Friendos』をあまり良く思っていないと明かす

先週金曜日にソロアルバム『FATHER OF 4』をリリースしたOffsetが、GQの企画「Undercover」に登場した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。