21 Savageが「アトランタのラッパーは全員クソだ」と攻撃

ジュエリーを買うのをやめて、貯金を始めるなど新しいギャングスタラッパーの道を歩み始めているように思える21 Savageだが、遂には地元のラッパーたちにも愛想をつかしてしまったようだ。

21 SavageはInstagram Liveを使って突如として「アトランタのラッパーは全員クソだ、おれは嘘はついていないよ。全員だ、100%クソだよ」と激しく攻撃をしている。さらに21は「正直にだよ、おれは最大限謙虚に言ってる。疲れたよ」と21 Savageは、アトランタのラッパーに嫌気がさしたと述べた。

どういった理由で21がこのようなことを言い出したのかはわからないが、「おれはここ数ヶ月、これまで見たことのないようなものを見たよ」と、自身は新たな展開をしていることを主張し、それに対し「アトランタの奴らは何のためにやってるんだ?彼らにはモラルや規律があるのか?彼らは何も気にしちゃいない感じだろ、バレンシアガの靴以外はな」と、アトランタのラッパーたちにはモラルがなく、いい仕事をすることなどを気にしていないと主張した。

自身もアトランタ出身にもかかわらず地元のラッパーを攻撃した、21 Savage。彼と今後地元のラッパーたちの間で諍いが始まってしまうのだろうか。

related

21 SavageがInstagramライブでR&Bの名曲たちを熱唱

世界的に自宅で過ごす人が多かったであろう先週末。外出が難しくなったことを受けて各々が自宅での楽しみ方を模索する中、21 SavageがInstagramライブでコンサートを開催した。といっても自身の曲を歌うのではなく、R&Bの名曲たちのカバーを披露したのである。

Young Chopが突如21 Savageをディス

Chief Keefの楽曲を手掛けていることなどで知られるプロデューサー、ラッパーのYoung Chop。そんな彼が、突如として21 Savageにビーフを仕掛けたことが話題を呼んでいる。

グラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞した21 Savageの “a lot”のビートが1時間で作られたことが明かされる

いよいよやって来たグラミー賞発表の季節。ヒップホップファンにとってきになる賞はやはり最優秀ラップアルバムと最優秀ラップ楽曲だが、今年は21 SavageとJ. Coleの“a lot”が最優秀ラップ楽曲賞を受賞。そんな同曲のビートが、わずか1時間で作られたものであることが明かされている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。