Three 6 Mafiaの"Who Run It"を新たにJuicy J本人と21 Savageがリミックス | ムーブメントはさらに拡大

先日伝えたようにサウスの伝説的グループThree 6 Mafiaが、2000年にリリースしたアルバム『When The Smoke Clears: Sixty 6, Sixty1』のリードシングル"Who Run It”のビートを用いたラッパーによるリミックスが注目を集めている。

この新しいムーブメントはシカゴのラッパーG Herboがラジオで、このビートを使用したフリースタイルを披露したところ、それを聞いていたDrakeがオフィシャルでリリースするよう勧めて注目を集め出した。さらにA$AP Rockyや、Lil YachtyとTrippie Reddによるリミックスも登場し、1つのムーブメントとなっている。

これに続いたのが本家Three 6 MafiaのメンバーJuicy Jだ。Juicy Jは自身のSoundCloudに"Who Run It”のビートを用いた新しいフリースタイルをアップ。楽曲の最初にはリミックスをしたG HerboをはじめA$AP RockyやLil YachtyとTrippie Reddなどにも感謝の言葉を述べている。

Juicy Jと同じタイミングで楽曲をアップしたのは21 Savage。

21 Savageは、彼らしいクールなラップをダーティーなビートに巧みにハメていっている。ご本人も登場しさらに拡大しそうな"Who Run It"のリミックスムーブメント、次にリミックスを披露するのは誰になるだろうか?

 

related

21 SavageがInstagramライブでR&Bの名曲たちを熱唱

世界的に自宅で過ごす人が多かったであろう先週末。外出が難しくなったことを受けて各々が自宅での楽しみ方を模索する中、21 SavageがInstagramライブでコンサートを開催した。といっても自身の曲を歌うのではなく、R&Bの名曲たちのカバーを披露したのである。

Young Chopが突如21 Savageをディス

Chief Keefの楽曲を手掛けていることなどで知られるプロデューサー、ラッパーのYoung Chop。そんな彼が、突如として21 Savageにビーフを仕掛けたことが話題を呼んでいる。

グラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞した21 Savageの “a lot”のビートが1時間で作られたことが明かされる

いよいよやって来たグラミー賞発表の季節。ヒップホップファンにとってきになる賞はやはり最優秀ラップアルバムと最優秀ラップ楽曲だが、今年は21 SavageとJ. Coleの“a lot”が最優秀ラップ楽曲賞を受賞。そんな同曲のビートが、わずか1時間で作られたものであることが明かされている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。