Juicy JがThree 6 Mafiaの活動を再開したいと発言|他のメンバーの発言と矛盾

Three 6 MafiaのメンバーJuicy Jが、Three 6 Mafiaとして新たに音楽を作りたいと発言。『Beats 1 Radio』のインタビューでJuicy Jはメンバーに対する思いを語り、メンバー間の関係を修復できれば活動再開を実現できると明かした。

BlocBoy JB、Key Glock、Three 6 Mafiaの再評価 | 再び脚光を集めるメンフィスのヒップホップシーン

Three 6 Mafiaや8ball & MJGなど、現在のヒップホップシーンにまで強い影響を及ぼすラッパーを多数輩出してきたことで知られるメンフィスのシーンだが、現在、このメンフィスを中心に再び新しい動きが起こっている。

DJ Paulが袂を分かった元Three 6 MafiaのJuicy Jを「金持ちだが孤独な奴」と批判

DJ PaulとJuicy Jの2人を中心に90年代から活動してきたサウスの最重要グループThree 6 Mafia。G Herboによる彼らの楽曲"Who Run It”を用いたフリースタイルをきっかけにムーブメントが起こり再度脚光を浴びているThree 6 Mafiaだが、今はJuicy JはTaylor Gangに移り、DJ Paulは元Three 6 Mafiaのメンバーたちと共にDa Mafia 6ixを結成し、別々の道を歩んでいる。

Three 6 Mafiaの"Who Run It"を新たにJuicy J本人と21 Savageがリミックス | ムーブメントはさらに拡大

先日伝えたようにサウスの伝説的グループThree 6 Mafiaが、2000年にリリースしたアルバム『When The Smoke Clears: Sixty 6, Sixty1』のリードシングル"Who Run It”のビートを用いたラッパーによるリミックスが注目を集めている。

Three 6 Mafiaによる2000年のクラシックチューン"Who Run It"がリバイバル | 様々なラッパーがビートを使用しムーブメントに

1991年に結成されたサウスシーンのベテラングループで、今なお若手ラッパーに影響を与え続けているグループThree 6 Mafia。Juicy JやDJ PaulによるThree 6 Mafiaが2000年に発表したアルバム『When The Smoke Clears: Sixty 6, Sixty1』のリードシングル"Who Run It”が、にわかに脚光を浴びている。
もっと見る