Juicy JがThree 6 Mafiaの活動を再開したいと発言|他のメンバーの発言と矛盾

Three 6 MafiaのメンバーJuicy Jが、Three 6 Mafiaとしてまた音楽を作りたいと発言。『Beats 1 Radio』のインタビューでJuicy Jはメンバーに対する思いを語り、活動再開を実現できると明かした。

サウスの最重要グループThree 6 Mafia。DJ PaulとJuicy Jの2人を中心に90年代から活動してきたが、2008年に『Last 2 Walk』をリリースしたのを最後に10年が経過した。

メンバー同士の不仲が噂されており、先日もDJ PaulはJuicy Jを「金持ちだけど孤独なやつ」と非難している。DJ Paulは「DJ PaulだけがまだThree 6 Mafiaの資格を持っている」とSNSで公言し、他のメンバーは離れていってしまったと嘆いていた。

しかし今回の新たなインタビューでJuicy Jは「Three 6 Mafiaのメンバーでまた曲を作りたい」と語り、Three 6 Mafiaに戻りたいと明かしている。

Apple Musicのラジオ『Beats 1 Radio』に登場したJuicy Jは「始めた当初はあのメンバーが大好きだった。あいつらとまた何かするなら、俺は喜んでやるよ。ただ俺らは一度腰を据えて落ち着かなければならない。わかるだろ。いろいろ答えを見つけるために。でも何も問題ないし、もう仲は悪くない。全て愛だ。あいつらを愛してるよ」と、驚きなことにかなりメンバーに対してポジティブな考えを持っていることを打ち明けた。

しかし一方で、3ヶ月前に公開された『DJ Booth』のインタビューでは、DJ Paulは「Juicyはもう俺らで音楽を作らないほうがいいと思っているらしい。何回か聞いたけど、やりたくないって彼は言っていた。だから俺ももう終わりにするつもりだ。アルバム作りのためにスタジオに入るのは嫌だとさ」と、Juicy Jに活動再開を持ちかけたが、断られたと述べている。

もしかしたらこの3ヶ月の間にJuicy Jの考えが変わっただけかもしれないが、2人の発言が矛盾しているためにファンは混乱している。

今回の、活動再開への希望を持たせるJuicy Jの発言。Three 6 Mafiaの10年ぶりの新作となればヒップホップファンからすれば大ニュースだが、つい先日のDJ Paulのメンバーを批判する発言があったために、真相はつかめない。

RELATED

Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

Juicy JがColumbia Recordsの新CEOに就任か?

Three 6 Mafiaから始まり、現在まで、長きにわたってヒップホップシーンを支えてきたJuicy J。すでにレジェンドの仲間入りを果たしたと言っても過言ではない彼が、ここに来て新たな一歩を踏み出すかもしれない。

Juicy Jが印象に残っているヒップホップのビート5曲を語る

Travis Scottを客演に迎えた新曲“Neighbor”のリリースも記憶に新しいJuicy JがXXLのインタビューに登場。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。