DJ PaulとJuicy Jが$uicideboy$に対して6億円以上の訴訟を起こす|Three 6 Mafiaの音源が無断でサンプリングされていると主張

鬱屈したリリックと、メンフィスを始めとするサウスのヒップホップから影響を受けたスタイルで高い人気を誇る$uicideboy$。そんな彼らが、リスペクトを表明し曲中にて頻繁にサンプリングしているThree 6 MafiaのDJ PaulとJuicy Jとの間にトラブルを抱えているようだ。

Geniusによると、DJ PaulとJuicy Jは今年6月、$uicideboy$側に645万ドル(約6億8000万円)の支払いを要求する訴訟を起こした。DJ PaulとJuicy J側の主張は、$uicideboy$が2018年にリリースしたアルバム『I Want to Die in New Orleans』収録曲を含めて、彼らがThree 6 Mafiaの楽曲35曲の音源を無断でサンプリングし使用しているというものだ。

DJ PaulとJuicy Jは「$uicideboy$はThree 6 Mafiaのオリジナルのサウンドとヒップホップシーンで苦労して得た成功をトレードオフして利益を得ようとした」としており、具体的には"Ma$k and da GlocK"、"Smoked Out, Loced Out"、"BREAKDALAW2K16 "といった楽曲で不正なサンプリングが行われていると指摘している。

一方の$uicideboy$側はサンプリングについてJuicy Jから口頭で許可を得たと主張。またJuicy JとDJ Paulの二人がこれまでに盗用を訴えた楽曲のほとんどは彼らが著作権を持つものではないとして非難を行なっている。

確かに$uicideboy$はこれまでJuicy Jと複数回コラボを行なっているため、このタイミングで訴訟が起こされた理由が不明瞭である。また$uicideboy$だけでなくメンフィスのラップから影響を受けた、いわゆるPhonkと呼ばれるジャンルの楽曲にはThree 6 MafiaやTommy Wright III、DJ Zirkといったアーティストの音源をサンプリングしたものが数多く存在するため、こういった手法の楽曲たちが今後どのような扱いを受けていくのかも気になるところだ。

果たして裁判はどのような結末を迎えるのだろうか?

related

DJ Paulが$uicideboy$について「彼らは嘘をついている」と訴訟の真意と背景を明かす

DJ PaulとJuicy Jが、彼らから多大な影響を受けたデュオ$uicideboy$に対して6億円以上を要求する訴訟を起こしたことが話題を呼んでいる。彼らがThree 6 Mafiaの音源を無断で数多くサンプリングしていたことを理由とする訴訟だが、それについてDJ Paulが真意を明かしている。

【コラム】$uicideboy$ | 鬱屈した社会の救世主か死神か

かなしい歌が流行るようになった。国内外を問わずチャートに目を向ければ喪失を歌う楽曲がずらりと並ぶ。例えばそれはHalseyの“Without Me”のような失恋ソングであったり、Post Maloneの“Wow”のような成功の中の空虚さが見える曲だったりする。

Juicy JがInstagramのバトル番組『Verzuz』でDr. Dreと対戦したいことを明かす

これまでMannie Fresh対Scott Storch、Bounty Killer対Beenie Manなど数々の名勝負を生み出してきたバトルプロジェクト『Verzuz』。今回、Juicy Jが『Verzuz』への登場とまさかの相手との対戦を望んでいることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。