Three 6 Mafiaによる2000年のクラシックチューン"Who Run It"がリバイバル | 様々なラッパーがビートを使用しムーブメントに

1991年に結成されたサウスシーンのベテラングループで、今なお若手ラッパーに影響を与え続けているグループThree 6 Mafia。Juicy JやDJ PaulによるThree 6 Mafiaが2000年に発表したアルバム『When The Smoke Clears: Sixty 6, Sixty1』のリードシングル"Who Run It”が、にわかに脚光を浴びている。

18年前の楽曲が再び注目を集めたきっかけはシカゴのラッパーG Herbo。3月に、Herboがラジオ番組で“Who Run It”のビートでフリースタイルを披露。それを聴いていたそのフリースタイルをフルバージョンでシングルとしてリリースすることを勧めたことで話題となり、正式にシングルとしてリリースされることになったのだ。

この楽曲がリリースの経緯も含めて話題となったことで、様々なラッパーが"Who Run It”のビートを使用した楽曲を披露している。Lil Yachtyは新作『Lil Boat 2』にも参加していたTrippie Reddと共にリミックスを本日リリース。

さらに現在のシーンの中心人物の1人であるA$AP Rockyも、自身が大きな影響を受けたThree 6 Mafiaのビートだったこともあったのか、リミックスを行っている。

この"Who Run It”ムーブメントはまだまだ拡大しそうな気配を見せている。Rich The Kidとのビーフが話題となっているLil Uzi Vertが“Who Run It”のビート上でRich The Kidに対するディスを行うことを示唆しており、このディス曲がリリースされたら、さらに“Who Run It”を使用するラッパーは増えていきそうだ。

こうした1曲のビートを使用したリミックスは、その時のヒット曲が用いられることが多いが、今回のように20年近く前の楽曲が使用されることはかなり稀だろう。

RELATED

Trippie Reddがかつてギャングに所属していたと6ix9ineが証言

先日報じられた通り、同じギャングのメンバー二人の裁判で証言を行なった6ix9ine。彼がそこで、以前ビーフを行なっていたTrippie Reddについて発言し話題を呼んでいる。

DJ PaulがThree 6 Mafiaのニューアルバムを制作する可能性を示唆

90年代より活動していたサウスのレジェンドであり、後世に多大な影響を与えたグループThree 6 Mafia。活動休止に陥りメンバー間の不仲も噂されていたものの8月に再結成が発表された彼らが、なんとニューアルバムを制作する可能性があるようだ。

A$AP Rockyの判決が控訴されず保護観察処分が確定

スウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、一ヶ月に及ぶ拘留の末裁判で2年間の保護観察処分に処されたA$AP Rocky。現在はアメリカに戻り活動を行なっている彼だが、今回、裁判の上告が行われず2年間の保護観察処分という判決が確定したことが報じられた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。