MOODMANが「アナろぐ」をテーマにセレクトしたブックフェアが新宿の紀伊國屋書店で開催

東京・新宿の紀伊國屋書店新宿本店で、DJのMOODMANがセレクトを担当したブックフェアが明日4/11(水)~4/30(月)まで開催される。

このブックフェアは、毎回プロの本読みが選書をおこなう紀伊國屋書店新宿本店の独自企画『じんぶんや』の一環として開催。DJとしての膨大な音楽知識はさることながら、ボードゲーム研究やポストカード収集、そして読書家としても知られるMOODMANが選書を担当する。

MOODMANは自身が考案した”アナログ”と”くつろぐ”を掛け合わせた造語、”アナろぐ”をテーマにチョイス。店舗3Fにある特設棚には、音楽やアナログゲームなどを題材にした約100冊の書籍が陳列される。会期中は、特にオススメしたい80冊を紹介する紙資料『アナろぐための80冊』の無料配布を予定している。

Info

紀伊國屋書店新宿本店じんぶんや企画

『MOODMAN選 アナろぐための80冊』

会期 4/11(水)〜4/30(月)

場所 紀伊國屋書店新宿本店 3F 人文科学コーナー特設棚

問い合わせ 03-3354-5703

(紀伊國屋書店新宿本店3F社会科学・ビジネス・人文科学)

RELATED

ヒップホップとキリスト教の歴史にフォーカスした異色の書籍『ヒップホップ・レザレクション』が今週刊行

日本基督教団阿倍野教会牧師でありヒップホップの現場を知り尽くした神学者の山下壮起による書籍『ヒップホップ・レザレクション』が、7/25(木)に刊行される。

ギャングスター・ラップの世界を80年代から現代まで追った書籍が刊行

ラップ・ジャーナリストのSoren Bakerによる書籍『ギャングスター・ラップの歴史』が9月に刊行される。

写真家・山谷佑介によるパーティーが開催決定 | RIKI HIDAKA、MOODMAN、行松陽介も出演

写真とライブパフォーマンスが融合したセルフポートレート作品『Doors』で今秋EUツアーを敢行予定の写真家・山谷佑介。彼の代表的なアブストラクト作品『ground』の生誕地である、WWWβにてEUツアー前の日本最終上演が急遽決定した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。