Jay-Zが史上初の10億ドルの総資産を持つラッパーになったことが明らかに

自身のレーベルRoc-NationやストリーミングサービスTidalなど、音楽だけでなく様々な事業で成功を収めているJay-Z。そんな彼が、ラッパーとして初めての億万長者になったことが明らかになった。

Complexによると、Jay-Zの総資産が今回ついに10億ドル(約1000億円)に到達したという。経済紙ForbesにJay-Zの資産の内訳が掲載されており、酒造メーカーへの投資で得た利益がもっとも大きく、次いでTidal、Roc-Nationなどの音楽事業、そしてそれらと並び自身の作品の売り上げが彼の懐に入っているようだ。

Swizz BeatsはJay-Zのビジネスについて「ヒップホップそのものよりデカいよ。彼は俺たちのカルチャーの青写真だ。彼は俺たちとよく似ていて、俺たちと同じ音楽をやっていて、俺たちを愛している。そんな男が、俺たちのはるか雲の上のことを成し遂げているんだ」と語り、彼の功績を賞賛している。

2018年の時点でJay-Zの資産は9億ドルに達しており、Forbesの「最も稼いでいるヒップホップアーティスト」ランキングでDiddyと首位を争っていたが、今回の記録によって頭一つ抜け前代未聞の記録を達成したことになる。

真の意味で最もリッチなラッパーとなったJay-Zだが、今後彼をも凌ぐ資産を持つラッパーは現れるのだろうか?

RELATED

Chance The Rapperが「俺はJay-Zがプロデュースするハーフタイムショーには出ない」と発言

人種差別に抗議したコリン・キャパニック選手の処遇が批判を浴びたNFL。それに伴い昨年のスーパーボウルハーフタイムショーでは多くのアーティストが出演を拒否したことが報じられた。その打開策としてNFLはJay-ZとRoc-Nationにハーフタイムショーのプロデュースを任せたようだが、それでも出演に意欲を示さないアーティストはいるようだ。

Jay-ZのNFLチームへのオーナー就任を関係筋が否定

先日、NFLとパートナーシップ契約を結び、来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが報じられるとともに、NFLチームのオーナーに 就任するという噂も囁かれていたJay-Z。しかし、一転して彼がNFLチームのオーナーとなる可能性が否定されている。

Jay-ZがNFLチームのオーナーに就任する可能性が浮上

先日はNFLとパートナーシップ契約を結び、来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが報じられたJay-Z。そんな彼が、今度はNFLチームのオーナーに就任する可能性が浮上した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。