Jay-ZがDiddyから最もリッチなヒップホップアーティストの座を奪取

経済誌のForbesが恒例となっている最も稼いでいるヒップホップアーティストランキングを発表。これまで6年連続で首位だったDiddyにかわり、Jay-Zがトップの座についた。

Jay-Zの純資産は昨年の8億1000万ドルから9億ドル(約954億円)に増加した。これはJay-Zが投資していたアルマン ド・ブリニャックシャンパンとコニャックメーカーのD 'usseの価値が上がっていることが主要因だ。

2位のDiddyは8億2500万ドル(約874億円)となっていて、Diddyが運営しているCirocとRevoltの業績不振が、わずかながらDiddyに悪影響を与えている。しかしながら、テキーラメーカーのDeLeon tequilaの好調によって純資産自体は昨年よりも増加した。

3位はDr. Dreで自身の運営するBeatsが好調なのが大きな要因となっている。4位と5位は同額の1億ドル(約106億円)でDrakeとEminemが並んだ。Drakeにとっては初めての1億ドル超えとなる。

 

related

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

Diddyがグラミー賞を「ブラックミュージックをリスペクトしてこなかった」と批判

ヒップホップ、R&Bなどブラックミュージック全体に対する冷遇や、受賞者が白人アーティストで占められる状況が度々指摘されるグラミー賞。そんな中、昨日開催されたグラミー賞のプレパーティに出席したDiddyがスピーチにて賞への批判を行い話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。