グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペースシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

全世界に向けたデジタルディストリビューションサービスであるSPACE SHOWER FUGAは、両社の機能を最大限活用し、他のディストリビューターにはないサービスを提供。主な機能は以下となる。

・契約するアーティスト・レーベルが保有するコンテンツを世界中の配信プラットフォームに瞬時に供給するディストリビューションシステム

・それぞれの配信プラットフォームの特性を踏まえたマーケティングプランのカスタマイズ

・世界の主要拠点にいるFUGAのスタッフから配信先へのダイレクトなプロモーション

・配信の実績や分析データを元にしたマーケティングサポート ・スペースシャワーが持つメディアの活用やイベントとの連動

日本のアーティスト・レーベルにとって音楽配信売上の拡大のためには、日本のみならず世界各国の配信プラットフォームに対して、より迅速に対応できるシステムや体制の構築と、今後一層重要度を増す海外市場に向けたマーケティング力を持つことは必須となっていて、今回のサービス開始によってその第一歩を作り出す。

【株式会社スペースシャワーネットワーク代表取締役 林吉人 コメント】

新型コロナウイルス感染症の流行が長引く中、CD(フィジカル)販売において大きな打撃を受けている日本の音楽業界では、デジタルストリーミングの重要性がますます高まっています。

私たちはFUGAと共に、日本のインディペンデントレーベルに最先端の配信技術とサービスを提供し、グローバル市場の開拓とインディペンデントアー ティストの価値の最大化に貢献したいと考えています。

【INDEPENDENT IP B.V. (FUGA) CEO ピーター ファン レイン コメント】

インターナショナルなディストリビュータであるFUGAと日本におけるパートナーであるスペースシャワーとの間に新たに設立されたワールドクラスのジョイント・ベンチャーであるSPACE SHOWER FUGAは、互いを尊重し、文化を理解しあうことで、これまでにないサービス作ることができました。

私たちは一緒に、先進的でグローバルなディストリビューション技術と日本 の音楽エンタテインメント業界における知見の真の組み合わせを提供します。

日本で「SPACE SHOWER FUGA」としての第一歩を踏み出すにあたり、この パートナーシップを推し進めたFUGAのクリスチャン・クローナーさん、スペースシャワーの山下環さん、松田香保里さんの働きは、なくてはならないものであったと考えています。

Info

<会社概要>
株式会社SPACE SHOWER FUGA

本社所在地 : 東京都港区六本木3-16-35
代表取締役 : 佐藤 晃一
設 立 : 2021 年 2 月 10 日
オフィシャルサイトURL : https://spaceshowerfuga.com

related

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。