Lil Nas XがNasへの配慮から自身のアーティスト名を変える可能性を示唆

ついに3週目のBillboardシングルチャート1位を獲得した新鋭ラッパーLil Nas Xの“Old Town Road”。ストリーミングの帝王Drakeの持つ記録を塗り替えるなど、未だその勢いは留まることを知らないが、そんな“Old Town Road”の生みの親であるLil Nas Xが自身のアーティスト名を変えることを示唆している。

今週火曜日、Lil Nas Xは自身のTwitterにてこのようにツイート。


「Nasはレジェンドだし、俺のステージネームは(Nasのことを)軽蔑しているわけでは決して無い。俺は実際、今後それ(Lil Nas Xという名前)を変えるだろうね」と自身のLil Nas Xというアーティスト名を変更するつもりであることを明かした。確かにLil Nas Xと聞くと、どうしてもNasの名前が浮かんでしまうが、ここまでの人気を獲得した今、わざわざアーティスト名を変更する必要性は無いようにも思える。

そんな中、これまでLil XanKodak BlackMeek Millなどのラッパーに対し言及し、何かと話題を呼んできた俳優のマイケル・ラパポートが上記のツイートのこのように返信している。


彼は「Kareem Abdul Jabbar Xはどうだ?それかRobert DeNiro Xなんかどうだ?これらはオリジナルだろ?」とLil Nas Xに新たなアーティスト名を提案しているが、往年の名NBAプレイヤーであるカリーム・アブドゥル=ジャバーや大御所俳優のロバート・デニーロを引用していることから、要はこのツイートはジョークで、おそらくLil Nas Xのことを暗に揶揄しているのだろう。このツイートに対し、当の本人はリアクションをしていない。

Lil Nas Xは次のステージネームがどのようなものになるのかまでは言及していないものの、一躍スターダムを駆け上がった彼にとって、名前を変えるタイミングは非常に難しいものになるのは間違いない。

また、先日彼はラジオ番組「Zach Sang Show」に出演した際、Dave Eastの「“Old Town Road”はワックだ」という発言に対し、「そういう批判は沢山聞くけど、それはつまり、俺がこの国でNo.1の曲を持ているってことなんだよね。Dave Eastが言っていることなんて気にしていないよ」と軽くあしらっていた。

しかし、彼のこの発言に再びDave Eastが反応。「“Old Town Road”はワックだ」と言った翌日に“Old Town Road”を聞きながら楽しそうにマリファナを吸う動画を上げるなど謎の行動をしていた彼だが、自身のInstagram Liveにて自身の見解を述べている。

彼は「あいつ(Lil Nas X)は、俺が言ったことを気にすることなんてないだろう。俺も誰が何を言おうが気にしないからな。あいつのアンサーは正しいよ」とLil Nas Xのことを認めるような発言をしている。20歳の若者に大人の対応を見せられ、Daveも我に返ったのだろうか。いずれにせよ、両者が今後ビーフに発展する可能性はひとまず無くなったと言えるだろう。

ちなみに彼は昨日、“Old Town Road”のMVを撮影していることを自身のTwitterで明かしている。こちらもまた公開が楽しみである。

related

Lil Nas Xがアルファベットを学べる絵本『C Is for COUNTRY』を執筆

“Old Town Road”や『7』以来まとまった作品をリリースしておらず、新作を待たれているLil Nas X。そんな彼が、なんと児童書を執筆し出版する予定であることが明らかになった。

Lil Nas Xが『セサミストリート』に出演し“Elmo’s Song”を歌う

長い歴史を持ち全世界で親しまれているアメリカの子供向け教育番組『セサミストリート』。これまで様々なセレブやアーティストがゲスト出演してきたこの番組に、Lil Nas Xが出演。エルモとの夢の共演が実現している。

【特集】ラップとゲームを巡る14の出来事

人気ゲーム『フォートナイト』上で開催され、全世界から1000万人以上のアクセスを集めたTravis Scottによるライブイベント『Astronomical』。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。