Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。先日リリースのシングル“HOLIDAY”も注目を集めた彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

Complexによると、Lil Nas XはApple Musicにて公開されているZane Loweのインタビュー番組に登場。そこでTyler, The CreatorとFrank Oceanについて「FrankやTylerのようなアーティストは、俺が今こうしてこの場所にいることを楽にしてくれたと思うんだよ」と語り、自身と同じくゲイであることをカミングアウトしながらヒップホップやR&Bシーンの中で活動する二人から勇気を与えられたと明かしている。

また彼は自らのカミングアウトが他のクィアアーティストに影響を与えることを願っているとも語っており、「“OK、やる時が来たんだ”ってサインをもらっていたんだよ。なぜなら俺は既に前に進んでいたし、何をやるにも自由になりつつあった。だから、こういったことを次のレベルに持って行きたかった。だって、(カミングアウトするか)一生そうじゃないフリとするかの2択だったからね。そして、みんなのために居場所を作れる人たちのようになりたいとも思っていた。俺の後ろについてくる人たちに“これで良いんだ、きっと上手くいく”と思ってもらえるように。それが、カミングアウトしようと思ったもう一つの理由だよ」として、自らがTylerやFrank Oceanから影響を受けてきたように、彼の行動によってクィアなアーティストがより活動しやすくなることを願ってのカミングアウトであったことを説明している。

EP『7』以降まとまった作品をリリースしていないLil Nas Xだが、アルバムは彼の現在制作中のアルバムにも及び、同作が「『7』よりもはるかにパーソナルなものになる」ことも予告されている。アルバムについて彼は「一緒に仕事をしてきた人が沢山いるんだ(中略)とても人気のある男性のシンガーで、レコードブレイカーなんだ」と、まだ詳細は明かされていないものの豪華なアーティストをフィーチャーした楽曲の収録されるとしている。

Lil Nas Xの信念や意志が伝わってくると共に、アップカミングな新作への期待も高まるインタビューは以下から観ることが出来る。

related

【レビュー】Tyler, The Creator 『Call Me If You Get Lost』|成功者としての顔と隠せない本心

ミックステープの王DJ Drama なんだ、このやかましい声は……。1曲目のイントロもしくは1曲目限定で、景気づけのためかと思いきや、Tyler, The Creatorによる最新作『Call Me If You Get Lost』を一聴し終えてみれば、結局1曲(とインタールード)以外の全収...

Tyler, The Creatorが新作『CALL ME IF YOU GET LOST』を来週リリース|新曲“LUMBERJACK”を公開

Tyler, The Creatorが新作『CALL ME IF YOU GET LOST』を来週6月25日にリリースすることを発表した。

EminemをフリースタイルなどでディスするムーブメントがTikTokで流行|Lil Nas Xが苦言を呈する

セレブたちの問題行動や問題発言を取り上げ、その人物をボイコットする「キャンセルカルチャー」は、力を持つセレブや企業に対する抑止力として働くと同時に、小さな事柄がその人物の進退にまで影響を与えること、そして本質的かつ効果的でない方向に過激化していることが問題視されている。今回、Eminemが若いネットユーザーからキャンセルの標的とされていることが大きな話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。