EminemをフリースタイルなどでディスするムーブメントがTikTokで流行|Lil Nas Xが苦言を呈する

セレブたちの問題行動や問題発言を取り上げ、その人物をボイコットする「キャンセルカルチャー」は、力を持つセレブや企業に対する抑止力として働くと同時に、小さな事柄がその人物の進退にまで影響を与えること、そして本質的かつ効果的でない方向に過激化していることが問題視されている。今回、Eminemが若いネットユーザーからキャンセルの標的とされていることが大きな話題を呼んでいる。

Complexによると、Eminemの過激なリリックや、曲中で新世代のラッパーに対するディスを行なっている点に反感を持ったZ世代のTikTokユーザーが彼に対するディスをTikTokにアップする「Cancel Eminem」なるムーブメントが今年に入り活発化を見せている。中には、フリースタイルラップでEminemをディスする動画を投稿するユーザーも存在している。

一方でEminemを擁護する旨のフリースタイルを投稿するユーザーも現れ、混沌とした様相を呈している。

@mike_dinatale

#canceleminem2021 @eminemtoktik

♬ original sound - Mike DiNatale

@laurenoakley88

Dear Gen Z.. #WeStan #eminem #lifestyle #millennial #genz #rap

♬ original sound - Clodagh Gilsenan

Eminemへの批判はTikTokでトレンドとなる以前より続いており、昨年リリースされた彼の最新作『Music To Be Murderd By』に収録された楽曲“Tone Deaf”では彼に対する批判へのアンサーが行われているほか、先日同曲のリリックビデオが公開されていることからも、彼自身のこれらのムーブメントに対する心境が窺える。

このムーブメントに対するラップファンのリアクションは否定的なもので占められており、昨日はLil Nas Xが自身のTikTokアカウントにてEminemに対する批判のトレンドを踏まえた動画を投稿した。

@lilnasx

♬ CALL ME BY YOUR NAME BY LIL NAS X - not lil nas x

こちらの動画で彼は「Generation Z wants to cancel Eminem? / Generation Z wants to cancel Eminem? / Yeah, listen up, Generation / Z, you’re a generation of Z / Z, generation of Z」とラップしており、その真意は不明だが、TikTokユーザーのフリースタイルのスキルの低さや、意見の底の浅さを揶揄しているようにも見える。

もちろんEminemのリリックが批判の対象となるのはここ数年に始まったことではなく、そのデビュー当時より彼の楽曲は主に保守的な層によって嫌悪の対象となってきた。しかしZ世代によるEminemのキャンセルは比較的リベラルな価値観から来ているものである点が興味深いが、そのキャリアを通して批判を受け止めながらもスタンスを曲げることなく活動してきたEminemにとって、今回のムーブメントが耳を傾けるに値するものなのかどうかは分からない。

いずれにせよ、Eminemへの批判が今後どのように展開してゆくか、またそれに対し彼がどのような動きを見せるのか注目すべきだろう。

related

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

Lil Nas Xがアルファベットを学べる絵本『C Is for COUNTRY』を執筆

“Old Town Road”や『7』以来まとまった作品をリリースしておらず、新作を待たれているLil Nas X。そんな彼が、なんと児童書を執筆し出版する予定であることが明らかになった。

Lil Nas Xが『セサミストリート』に出演し“Elmo’s Song”を歌う

長い歴史を持ち全世界で親しまれているアメリカの子供向け教育番組『セサミストリート』。これまで様々なセレブやアーティストがゲスト出演してきたこの番組に、Lil Nas Xが出演。エルモとの夢の共演が実現している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。