Wifisfuneralが「俺はSoundCloudラッパーじゃない」と主張

SoundCloudからキャリアをスタートしたラッパーは俗に「SoundCloudラッパー」と呼ばれるが、近頃はそこにカテゴライズされることを嫌うラッパーも多い。以前はJuice WRLDが自身をSoundCloudラッパーと呼ぶファンに対して苦言を呈していたが、フロリダ出身のラッパーWifisfuneralも「SoundCloudラッパー」と呼ばれることに嫌悪感を抱いているようだ。

Wifisfuneralは先日、Twitterにて「Wifisfuneralは昔のSoundCloudのスタイルに戻った方がいい」と語るユーザーのツイートに反応。「何も分かってないな。俺のスタイルが好きじゃないならそれでいいだろ。お前らは自分たちが何もかも分かってると思ってて、俺はお前らに自分のことを説明するのに疲れたから、もうそれでいいよ。俺は自分の音楽を愛してることを証明するだけだ」と語り、続けて「それと、俺はSoundCloudラッパーじゃないからな。あれはYouTubeやその他よりも発展していたから、俺にとって音楽をリリースする適切な場所だったというだけだ」とツイートした。

彼はSoundCloudを出自に持つ上にXXXTentacionを代表とするフロリダシーンの一員であり、またフェイスタトゥーの入ったルックス、鬱なリリックやドラッグ中毒の過去も含めて「SoundCloudラッパー」らしさは十分なアーティストだ。しかし彼にとってSoundCloudはあくまで楽曲を上げるためだけの場であり、そこにアーティストとしてのアイデンティティは感じていないらしい。

「SoundCloudラッパー」というカテゴリーに対する距離感は人それぞれであり、「SoundCloudは俺はいるから存在している」と発言したLil Pumpや「俺がSoundCloudラップの生みの親だ」と主張したSmokepurrpのように強い帰属意識を抱いている者や、Wifisfuneralらとは真逆に「もっとSoundCloudラッパーと呼んでほしい」と、そこにコミットしていくことに意欲を見せる$uicideboy$のようなアーティストも存在する。

いずれにせよ、Wifisfuneralのように「SoundCloudラッパー」という枠から抜け出そうとするアーティストが増えていることからも、かつて盛り上がりを見せたSoundCloudラップシーンが過去のものになろうとしていることがよく分かる。各々の個性を模索するアーティストを簡単に一つのカテゴリーにまとめることはやめた方がいいのかもしれない。

related

Keith ApeがWifisfuneralとのコラボチューン“Ninja Turtle”をドロップし新作EPのリリースも予告

“It G Ma”などのヒットで知られラッパーる韓国のラッパーで、現在はアメリカを拠点にするKeith Apeが、今年のXXL Freshmanにも選出されたフロリダのラッパーWifisfuneralとのコラボチューン“Ninja Turtle”を公開した。

【特集】XXXTentacionだけじゃないフロリダ出身の新世代ラッパーたち

フロリダといえば、これまではRick RossやGunplayなどのMMG勢からDenzel CurryやKodak Blackといった若手のラッパーを輩出してきた土地だが、昨年から今年にかけてこれまでのイメージを覆すようなラッパーが多く登場してきている。

若手ラッパーWifisfuneralがステージからダイブした直後に、観客から殴られ病院送りに

ヒップホップシーンでは現在ステージからのラッパーのダイブが流行しているのは、以前にもお伝えした通りだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。