若手ラッパーWifisfuneralがステージからダイブした直後に、観客から殴られ病院送りに

ヒップホップシーンでは現在ステージからのラッパーのダイブが流行しているのは、以前にもお伝えした通りだ。

Lil Uzi Vertのとてつもない高さからのダイブをはじめ、危険知らずのラッパーたちが度胸自慢をするかのようにダイブを行っている。

しかしやはりダイブは危険なものだと認識させられる事件が発生した。

フロリダの若手注目ラッパーの1人でXXLのFreshmen候補にもなっているWifisfuneralは、先日ヒューストンで開催されていたXXXTentacionのライブ中に、ステージからダイブを敢行。ダイブ自体は成功したものの、周りにいた一部の観客たちに取り囲まれ、殴る蹴るの暴行を受け病院送りにされてしまった。

その模様が上記の動画だ。確かに着地後にWifisfuneralが一部の観客から暴行を受けているシーンが収録されている。この暴行によりWifiは病院送りにされてしまったが、誰がWifiに暴行を加えたかはわかっていないという。

XXLが怪我をしたWifiへ取材を行っている。このダイブはWifiによればその日5回目のダイブだったという。暴行されたとき以外のダイブでは客も大盛り上がりとなっており、ファンたちの暖かい愛情を感じたとのことだ。

しかしそうした愛情深いファンの中に数人、危険そうな男たちがいたことをWifiは指摘、5回目のダイブではフロントフリップを行い、思った以上に飛距離が伸びてしまい、その危険な男たちの所までダイブをしてしまい、その男たちから暴行を受けたという。

Wifiは頭を殴られ、10秒間ほど無意識になってしまったと話している。Wifiは入院していたものの、すぐに退院し、再びツアーに復帰した。

 

RELATED

故XXXTentacionの遺族が代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人に訴えられる

昨年の6月、銃撃によって命を落とし世界に衝撃を与えたXXXTentacion。彼がヒットするきっかけとなった代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人が、彼の遺族を相手取り訴訟を起こしているようだ。

Wifisfuneralが「俺はSoundCloudラッパーじゃない」と主張

SoundCloudからキャリアをスタートしたラッパーは俗に「SoundCloudラッパー」と呼ばれるが、近頃はそこにカテゴライズされることを嫌うラッパーも多い。以前はJuice WRLDが自身をSoundCloudラッパーと呼ぶファンに対して苦言を呈していたが、フロリダ出身のラッパーWifisfuneralも「SoundCloudラッパー」と呼ばれることに嫌悪感を抱いているようだ。

9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。