2020年の大統領選に向けた公式プレイリストにXXXTentacionを入れた大統領候補が批判を浴びる

2020年に行われるアメリカ大統領選挙。アメリカでは選挙の候補者がそれぞれのキャンペーンプレイリストを発表することが一般的だが、その中にXXXTentacionの楽曲を入れた議員が批判を浴びてしまった。

XXLの記事によると、今週月曜日にNew York Timesから各大統領候補それぞれの公式キャンペーンプレイリストの分析記事が発表された。その中で、民主党からの候補者のカーステン・ギリブランド上院議員のプレイリストにXXXTentacionをフィーチャーしたLil Wayneの“Scared of the Dark”が入っていることを同紙の記者が「XXXTentacionは殺害される前の年、妊娠したガールフレンドに暴力を振るったことが告発されていた」として、「良くない選択だった」と批判。その後、ギリブランド議員は春までにプレイリストから同曲を削除すると発表した。

ギリブランド議員のプレイリストはXXXTentacionだけでなくCardi BやLizzo、Francis and The LightsやFlorence + The Machineなど若い世代のアーティストの楽曲が目立つ選曲となっており、さらに女性のアーティストが他の候補者よりも圧倒的に多い構成だ。彼女が若い女性にリーチした政策を打ち出していることを選曲でもアピールすることを試みていることが分かるが、その分女性への暴力が問題となったXXXTentacionの楽曲を入れたことが逆効果となってしまったのだろう。

記事では各候補者の選曲の傾向を分析しており、民主党の候補者がヒップホップやR&Bなど比較的新しい音楽を多く選ぶのに比べて共和党からの候補者はより男性のロックアーティストを多く選ぶことが分かる。またそれぞれの候補者が選んだ曲の歌詞によく使われる単語をリストアップしており、トランプ大統領の選んだ曲に「Man」「Macho」という言葉がよく使われていることが指摘されている。選ぶ音楽にそれぞれの候補者の姿勢が的確に表われていることが興味深い。

New York Timesの選挙公式プレイリスト分析記事はこちらから読むことが出来る。

RELATED

Ski Mask The Slump Godがステージ上の鉄骨に登って故XXXTentacionの楽曲を歌う

昨年6月、20歳の若さで命を落としたXXXTentacion。生前の彼の盟友であったSki Mask The Slump Godが、ライブ中にまさかの方法で追悼を行ったようだ。

Lil Pumpが「XXXTentacionは俺たちの世代の2Pacだ」と語る

昨年、銃撃によって若くして命を落とし、世界中の多くのファンに衝撃を与えたXXXTentacion。その死からちょうど一年が経過した先日、Lil Pumpが彼を悼む発言を行なっている。

故XXXTentacionのニューアルバムとドキュメンタリーが近々リリースか

昨年6月の故XXXTentacionの死から、昨日で1年が経った。1年が経過した今でも、彼の才能を惜しむ声がある一方で、DV疑惑や彼の代表曲である“Look at Me!”のプロデューサーが遺族を訴えるなど、彼の死は現在も広い範囲に影響を及ぼしている。そんな中、故XXXTentacionのニューアルバムのリリースとドキュメンタリーの公開がアナウンスされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。