Childish GambinoことDonald Gloverが2020年の大統領候補者アンドリュー・ヤンのクリエイティブコンサルタントに就任

Childish Gambino名義での音楽活動のほか、本名で俳優、脚本家、コメディアンとして活動するDonald Glover。そんな彼が、2020年のアメリカ大統領選の立候補者であるアンドリュー・ヤンのクリエイティブコンサルタントに就任したことが報じられている。

アンドリュー・ヤンは台湾移民の2世として生まれ、弁護士や会社経営を経たのち2020年大統領選に民主党から出馬。技術の発展に伴い製造業の労働者が職を失うことへの対策として、全国民に対するベーシックインカム(最低所得保障)制度をマニフェストに掲げたことで注目を浴びている。

Complexによると、アンドリュー・ヤンの事務所からDonald Gloverが選挙活動のクリエイティブコンサルタントに就任した、との内容のプレスリリースが発行。同日、LAにて二人のコラボレーションアイテムを販売する限定のポップアップショップが設けられた。

その後、日本時間で今日の朝、アンドリュー・ヤンは自身のTwitterにてDonald Gloverとの2ショット写真を公開。「今日はDonald Gloverと過ごして楽しかった。LAに来てくれたみんな、ありがとう」とツイートしている。

アンドリュー・ヤンとDonald Gloverのショップではスウェットや帽子、ポスターなどが販売されたとのこと。アンドリュー・ヤンのグッズは以前より一部でファッションアイテムとして注目を集めており、今回のコラボもスタイリッシュな仕上がりだ。ポップアップショップに詰めかけた人々の行列の写真もアップされている。

他の候補者とは異質な存在感を放ち、議論を呼び続けているアンドリュー・ヤン。果たしてDonald Gloverの協力によって、2020年大統領選にて成果を挙げることは出来るのだろうか?

related

2020年の大統領選に向けた公式プレイリストにXXXTentacionを入れた大統領候補が批判を浴びる

2020年に行われるアメリカ大統領選挙。アメリカでは選挙の候補者がそれぞれのキャンペーンプレイリストを発表することが一般的だが、その中にXXXTentacionの楽曲を入れた議員が批判を浴びてしまった。

OffsetがDonald Glover制作のMigosパロディコント『Friendos』をあまり良く思っていないと明かす

先週金曜日にソロアルバム『FATHER OF 4』をリリースしたOffsetが、GQの企画「Undercover」に登場した。

Donald Glover激似の人物がBeastie Boysの2006年のコンサート映像内で発見される

14年以上前にBeastie Boysがマディソンスクエアガーデンで行なった公演が『Awesome;I Fuckin’Shot That!』というドキュメンタリーになっている。この映像は手持ちカメラを渡された50人の観客が撮影したもので、この撮影方法は結果的に独特、時には無作為にコンサートを映した。そして今、その中のある一つのシーンが多くの関心を集めた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。