OffsetがDonald Glover制作のMigosパロディコント『Friendos』をあまり良く思っていないと明かす

先週金曜日にソロアルバム『FATHER OF 4』をリリースしたOffsetが、GQの企画「Undercover」に登場した。

「Undercover」はセレブ本人がSNSアカウントを作り、Reddit、Twitter、YouTubeなどに寄せられた自身に対するコメントに直接返答するというもの。Offsetは愛娘Kultureちゃんの名前の由来や、あまりに豪快なお金の使い方で話題となった「Carpool Karaoke」に登場した際のエピソードを披露した。そんな中、Childish GambinoことDonald Gloverが制作しSaturday Night Liveで放送されたMigosパロディのコント『FRIENDOS』について語っている。

『Friendos』は、Migosそっくりなグループ「Friendos」を描いたもの。ビッチを囲い幸せな生活をしているはずのFriendosの三人は、なぜか心に不安を抱えているため週2でAngelaというカウンセラーのもとに通っている。劇中ではQuavoそっくりなメンバーとOffsetそっくりなメンバーが「欲しかったランボルギーニを先に買われた」という原因で喧嘩をしており、カウンセラーが見事なアドバイスで問題を解決。三人でハグを交わし、同じくカウンセリングに通っているA$AP Rocky(本人)がサプライズで登場してコントは終了する。

最先端のラップとメンタルヘルスの問題をユーモラスに描きDonald Gloverらしさが溢れるこの作品は高い評価を受けており、「SNL史上最高のコントの一つ」とも呼ばれている。しかし、Offset本人はこれをあまり良く思っていないらしい。「正直、俺たちはこのコントがあまり好きじゃないんだ。だって、本物のMigosとは正反対だから。俺たちは互いのことが好きだし、喧嘩もしない。まるで、俺たちがバカみたいに描かれているように感じたんだ」と語る彼は、コントの内容がMigosをバカにしているように感じてしまったようだ。

確かにMigosの三人が実際に喧嘩をしてカウンセリングに通うことは無さそうだが、Offset本人はコント同様に離婚の危機にあった妻Cardi Bとの関係を修復させるためにカウンセリングに通っている。形は違えど『Friendos』は現実を予言していたのかもしれない。

ちなみに、以前同じく「Undercover」に登場したQuavoは『Friendos』について「面白いと思ったよ。俺はみんなが俺たちのスタイルを真似してくれるのが大好きなんだ。みんなが俺たちになりたがってることは知ってるし、もっと俺たちみたいな格好をしてほしい。ハロウィンでMigosの仮装を見かけたら、一番良い仮装をしてる人には俺のチェーンをプレゼントするよ」と、Migosのスタイルをコピーしているという点でコントを気に入ったと語っている。

Offset本人は嫌っている『Friendos』だが、無意味にアドリブを繰り出し爆笑を誘うTakeoffそっくりのキャラクターやMigosのスタイルを見事に再現した楽曲、そして少しだけ泣かせる結末と見所満載な内容となっている。Migosのファンの方はぜひご覧になってみてはいかがだろうか?

RELATED

Migosの熱烈ファンがQuavoとOffsetの顔のタトゥーを入れる | Takeoffのものは今後入れる予定

近年のヒップホップシーンでも有数の成功を収めているMigos。そんな彼らの熱狂的なファンが、QuavoとOffsetの二人の顔をタトゥーに彫ったことが話題となっている。

Offsetがラジオインタビューで間違った質問をされ気まずい雰囲気に

アーティストのインタビューを行う人にとっては、間違った質問や余計な一言でアーティストの機嫌を損ねることは絶対に避けたいところだ。しかし今回、Offsetにインタビューしたラジオパーソナリティが初歩的なミスを犯したことで気まずいことになってしまったようだ。

Offsetが昨年起こした自動車事故について語る

ソロアルバム『FATHER OF 4』も好調なOffset。離婚騒動も一区切りつき安定した生活を送っている彼が、ラジオのインタビューで昨年起こした自動車事故について語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。