RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019のラインナップが一挙発表 | ローラースケート場にDâM-FunKが登場し、88risingとのコラボイベントも

先日開催発表となったRed Bull Music Festival Tokyo 2019の出演ラインナップが一挙発表となった。今回は都内最大級の屋内ローラースケートリンク「東京ドーム ローラースケートアリーナ」、日本伝統文化を発信する「セルリアンタワー能楽堂」、東京を代表する文化施設「Spiral Hall」などを舞台に開催されるイベントをはじめ、直前まで非公開となる都内某所でのウェアハウスパーティも行われる。

4/19に東京ドーム ローラースケートアリーナで開催されるイベントにはモダン・ファンクの伝道師DâM-FunKが登場、また4/10に開催される88risingとのコラボイベントには先日の来日公演にも登場したAUGUST 08をはじめとして、AwichやJin Doggなどの日本勢も出演。

また東京の注目すべきファッションパーティfancyHIMをフィーチャーしたイベントでは、ヴォーグのトップランカーMikeQやJuliana Huxtableなどがプレイする。

そのほかにも続々と、世代やジャンルを超えた才能あふれるアーティストたちの出演が決定しているRED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019の前売りチケットは昨日から発売中だ。

Info

名 称(英語):RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019
名 称(カナ):レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2019
日 程:2019年4月8日(月)〜20日(土)
会 場:都内各所
料 金:各公演によって異なります。詳しくはオフィシャルサイトにて
www.redbull.com/tokyo
#REDBULLFESTTYO

※18歳未満の方は保護者同伴でご入場いただけます。一部イベントは20歳未満の方のご入場をお断りさせて頂く場合がございます。ご入場の際は顔写真付き身分証明書をお持ち下さい。

AUGUST 08 (88rising)
Awich
DâM-FunK
HAIOKA
Hungry
INOYAMALAND
Juliana Huxtable
Kate NV
Kza (Force Of Nature)
Loradeniz
machìna
Machine Woman
Marie Davidson
MikeQ
Nami Sato
PELI
Sevdaliza
YoshimiO
YOSI HORIKAWA
and many more...

RELATED

Red Bullによるその場限りのサイファーを収めた新企画『RASEN』の第二弾が公開 | Daichi Yamamoto、釈迦坊主、dodo、Tohjiが登場

日本の音楽シーンとも深い関係性を築いてきたRed Bullがスタートさせた新企画『RASEN(読み ラセン)』。

Red Bullによるラッパーの饗宴『RASEN』がローンチ | 初回にはLEX、SANTAWORLDVIEW、荘子it、Taeyoung Boyが登場

世界的なヒップホップブームを受けて、近年日本のヒップホップシーンも、続々と全国各地から名をあげる新世代のラッパーたち、メインストリームのシーンにも進出し充実の時期を迎えた実力者、そして自らの武器を磨き続け独自の境地に達したアーティストなど、1つのシーンには括れないほど多様化し活性化してきている。

Red Bullが「Walkman」とTechnicsの「SL-1200」を題材とした長編ドキュメンタリー映像を公開

世界を変えたふたつの日本企業の製品、Sonyのポータブルカセットプレイヤー「Walkman」と、Technicsのターンテーブル「SL-1200」を題材とした長編ドキュメンタリー映像『Playing it Old School』が、YouTube及びRed Bull TVで公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。