米国で初の大麻由来の処方薬が承認される

米食品医薬局(FDA)は初の大麻由来である治療薬を承認した。大麻抽出成分を含むこの治療薬『Epidiolex』は、重いてんかんの発作を起こす病気の治療向けである。

『Epidiolex』は大麻に含まれるカンナビジオールと呼ばれる成分を含む。この成分はいわゆるハイになると言われている陶酔感、高揚感などの幻覚作用を及ぼすTHCとは別の化合物である。激しい発作を引き起こす希少てんかんの、レノックス・ガストー症候群とドラベ症候群に効果があるという。FDAが大麻由来の治療薬を承認するのは初めてのことであり、アメリカで大麻を使用した初の処方薬となる。

イギリスの製薬会社GW Pharmaceuticals社は、大麻を利用した新薬開発の取り組んでおり、2016年の時点でこの『Epidiolex』が有効であることを臨床実験で明らかにしている。今年4月に米政府の諮問委員会は全会一致でカンアビジオールによるてんかんの治療を承認。そして先日『Epidiolex』を医薬品として販売するためのFDAの製造販売承認が得られたため、これから数カ月以内には米国で販売される見通しであるとのこと。

欧州では大麻由来のカンナビジオールとTHCの割合が半々の鎮痛剤はすでに流通している。『Epidiolex』の審査も現在欧州医薬品庁が行っているとのこと。

大麻は米国では州単位で合法化が進んでいるが、連邦法ではいまだに危険物質として分類されている。今回FDAが『Epidiolex』の製造販売を承認したことで、カンアビジオールは国際標準薬剤として認知されるのだが、これによって大麻の分類も変わってくる可能性も。

先週、カナダでは国全体で大麻を合法化する法案が上院を通過。今年4月には米国にて連邦法でマリファナの非犯罪化を求める法案が提出されており、全米での合法化の可能性が見えてきている。主要7カ国の中で国全体で大麻が合法化される最初の国はどこになるのか注目である。

RELATED

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

Snoop Doggらが出演するマリファナのドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー 大麻が見たアメリカ』がNetflixにて4月20日より配信

マリファナが欧米で徐々に認められてきた昨今。マリファナに向けられている偏見を払拭し正しい歴史を広めるべく制作され、ヒップホップシーン随一のマリファナ愛好家として知られるSnoop DoggやFab 5 Freddieが出演するドキュメンタリー『Grass Is Greener』がNetflixにて配信される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。