連邦法でマリファナの非犯罪化を求める法案が提出へ | 一気に全米レベルでの合法化が進む可能性

州ごとにマリファナが解禁され始めているアメリカで、一気に全米レベルでマリファナの使用や売買が非犯罪化される可能性が出てきた。

民主党のNY選出の上院議員で連邦上院院内総務を務めるチャック・シューマー議員がVICEのインタビューに登場。連邦法でマリファナの非犯罪化を規定する法案を提出すると発表した。

シューマー議員は「究極的にこの権利は達成されるべきだ。自由だ。もしマリファナを吸った人に傷つけられる人がいなければ、なぜ私たちはそれを人々に許可しないのか?なぜそれを犯罪にするのだろうか?」と議員は語った。

この法案は麻薬取締局の規制物質リストからマリファナを取り除くことで、全米レベルでのマリファナの禁止を終わらせ、各州の規制方法に委ねるというものだ。議員はこの法案を合法化とは呼ばずに、この非犯罪化は実質的に合法化とほぼイコールだろう。

議員はまた自身の地元であるNYでの合法化にも意欲をみせており、「ベストなのは各州自身が決定を行うことだ」と、現在もマリファナが違法となっている州にも議論を促した。

シューマー議員は「私はそれが正しいと思うからやっている、マリファナが犯罪であることで、多くの人々が投獄され人生が台無しになっているのを見た」と語っている。

連邦法が変更になれば、これまで消極的だった各州の見解にも大きな影響が出そうだ。一気に全米での解禁と事態は推移していくのだろうか?

シューマー議員のインタビューはこちらで見ることができる。

related

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

薬物取り締まり強化と大麻使用罪の創設に反対する署名がスタート

アメリカを始めとする世界各国で大麻の所持や使用の非犯罪化、合法化が進められる昨今。ここ日本では依然として大麻の所持が違法となっているが、現行の大麻取締法では大麻の「使用」自体は禁じられていなかった。そんな中、厚生労働省が今月大麻規制のあり方を見直す有識者会議を設置し、大麻の使用に罰則を設けることを検討していることが報じられた。今回、大麻使用罪の創設、及び薬物取締りの強化に反対する署名がスタートしている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。