R. Kellyが自身の性的暴行をテーマにしたドキュメンタリーへの抗議をFacebookに投稿するも削除される

R. Kellyによる性的暴行の実態を暴くドキュメンタリーシリーズ『Surviving R. Kelly』が波乱を巻き起こしている。R. Kellyは2017年より複数人の女性を集めて「セックスカルト」を形成していた疑惑が浮上しており、また昨年には自身を取材していた女性ジャーナリストに暴行を働いたことが告発されていた。今回、R. Kellyが『Surviving R. Kelly』にて告発されている内容を否定するためにFacebookにて抗議を行なったが、そのページが運営によって削除されてしまったことが伝えられている。

R. Kellyは先日、ドキュメンタリーに対する抗議のために「Surviving Lies」というFacebookのページを立ち上げた。このページはドキュメンタリーに登場する女性一人一人の証言に対し反論を行なっていくという趣旨のもので、R. Kellyの「性奴隷」にされていたと告発したAsante McGeeという女性の娘が「母は金のためにR. Kellyを告発している」と発言するビデオを紹介し、彼女が虚偽の証言を行なっていると主張していた。

しかし現在、「Surviving Lies」のページはFacebookから削除されてしまっている。TMZがFacebookへの取材を行なったところ、運営側は「同ページは我々の規約に違反しているため削除された」とコメント。さらにDaily Mailの記事によると削除される以前の「Surviving Lies」のページには女性に対するハラスメントが含まれており、R. Kellyは「告発している女性とのセックステープを所持している」と主張しそのビデオのスクリーンショットや女性たちとの私的なやりとりを公開していたという。明らかにプライバシーを侵害する行為だと言える。

女性たちの告発に対し更なるハラスメントで応戦しようとしたR. Kellyだが、その思惑は流石に通用しなかったらしい。彼は「ドキュメンタリーに登場する女性を一人残らず訴える」とも主張しているが、今後この問題はどのように展開していくのだろうか?

RELATED

A$AP RockyがR. Kellyの騒動について「彼は病気と戦っていかなきゃいけない」とコメント

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』が放送されて以降、音楽業界の内外から強く批判を受けているR. Kelly。彼の音楽を聴くことをやめ業界から追放しようとするムーブメント「#MuteRKelly」も盛り上がりを見せる中、A$AP Rockyが独自の見方を示している。

R. Kellyついに万事休すか | 所属レーベルが新作のリリースを差し止め、Chance The Rapperもコラボ曲を配信サイトから引き上げ

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の公開以来、世間を騒がせ続けているR. Kelly。検察による捜査や実の娘による告発文書の公開などで四面楚歌といった状況の彼だが、所属レーベルのRCAが彼の楽曲のリリースを差し止めているとTMZが伝えている。

R. Kellyの娘が父を告発する文書を公開 | 「父はモンスター」という文言も

ドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の放送を機に性的暴行の数々が明るみに出たR. Kelly。音楽シーンの内外から非難の声が数多く寄せられる中、R. Kellyの実の娘が彼を告発する文書を公開している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。