R.Kellyが家に女性を軟禁し、セックスカルト集団ができあがっているという報道

人気R&BシンガーのR.Kellyが自身の家に若い女性たちを軟禁状態で住まわせ洗脳することで完全に支配し、セックス・カルト化しているとBuzzFeedで報道された

Buzz Feedのジャーナリスト、Jim DeRogatisが、R.Kellyの過去の側近者や、実際に現在もR.Kellyの家から帰ってこない娘の両親を取材し、証言をもとにした今回の報道。彼らによると、R.Kellyは家に住まわせている若い女性たちをあらゆる面で支配しているようである。何を食べるか、何を着るか、いつ風呂に入るか、就寝時間、そして彼が録画する性行為まですべて、R.Kellyの命令で動いているとのこと。家族と連絡をとったり、他の男と交流したりなどルールを破ると暴力で罰されているという証言もある。

とある家族は、駆け出しの歌手である19歳の娘を歌唱技術の勉強にとR.Kellyのもとへ送ると、2年経った今も帰ってこないとのこと。2年間で数回しか娘と会うことができず、連絡もほとんど取れないと両親は言及している。警察やFBIにも相談をしているようだが、問題は娘が失踪しているわけではないので捜索願などを出せないことと、娘本人は「一緒に住んで何事もなく過ごしている」と言っているので警察沙汰にできないこと。

「まるで洗脳されたかのようで、囚人のようだった。抱きしめても娘は『Kellyのことを愛していて、Kellyは私を大切にしてくれている』と答える」と母親は語っている。

また、R.Kellyのもとで住んでいたことがあると語る証言者もおり、先ほどの両親の証言を裏付ける発言をしている。そのうちの一人の女性は、彼女は昨年6人の女性と共にR.Kellyのもとで住んでいたと語った。そこには指導者の女性がおり、R.Kellyを性的に満足させるための方法を習ったとのこと。そして彼女たちは『ベイビー』と呼ばれ、彼女らはR.Kellyのことを『ダディー』と呼ばされていたようだ。ルールを破ると暴力を振るわれたとも証言している。

また別の女性は「感情的にも性的にも完全に支配された」と発言した。「R.Kellyはこの世で一番やさしい人間だがRobert Kellyは悪魔だ」と語る彼女。みなの知るアーティストとしてのR.Kellyと家にいるRobert Kelly(本名)は全くの別人だという。

今回のこのニュースに対してR.Kelly側の代表が声明を発表し反論。「Robert Kellyは今回の騒動に驚き困惑している。そのような事実は一切ないと明確に否定しており、入念に疑いを晴らし身の潔白を証明する」とのことであり、この一連の騒動はデマであると主張しているようだ。

グラミー賞を3度獲得したR&B界の超大物シンガーであるR.Kelly。彼の楽曲の歌詞には生々しい性描写も多く、R&B界のセックスシンボルともされている。R.Kellyは過去にも性的虐待の容疑がかけられたが、無罪判決に下ったことがある。今回はまだ刑事訴訟は起こされていない。果たして暴露された記事の内容は完全に偽りであったのかはいまだに不明である。

RELATED

R. Kellyが保釈金や家賃未払いによって銀行口座を差し押さえられ貯金を失う

先月、10件の性的暴行罪で起訴され100万ドル(約1億1200万円)の保釈金を払い釈放されたR.Kelly。性的暴行罪以外の様々な罪状によって罰金の支払いを命じられているが、彼の貯金ではそれらの金額を支払い切れなかったようだ。

R. Kellyが自身のライブで「28秒間」しか演奏しなかった事が明らかに

先月ついに10件の性的暴行罪で起訴されたR.Kellyが4月7日、スプリングフィールドのイリノイクラブにてライブを行った。しかし、そのライブの内容が酷いものだった事が明らかとなった。

Wiz KhalifaがR. Kellyをからかう

昨日、ついにこれまでの沈黙を破り、公のインタビューに登場したR. Kelly。インタビューで彼は、自身にかけられている複数の女性への性的暴行容疑を全て否定したが、それよりも話題になったのはあまりに興奮した彼の姿だった。案の定、このインタビューはネットミームとなり多くの人々がR. Kellyをからかっている。そして、Wiz Khalifaもその内の1人だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。