R. Kellyのドキュメンタリーを作っていたジャーナリストが制作の途中で暴行を受けたと告発

昨年には自宅に女性を複数人軟禁し「セックスカルト」を作っているという疑惑が持ち上がったR. Kellyだが、今回その件を追っていた女性ジャーナリストが暴行を加えられたことを告発している。

ジャーナリストのLyric Cabralは、今月の始めにR. Kellyのアフターパーティに参加した際、彼から暴行を加えられたことを証言している。CabralはBuzzfeedと契約してR. Kellyのセックスカルトの疑惑をテーマにしたドキュメンタリーを製作しており、R. Kellyのツアーに帯同していたのだという。

Buzzfeedに掲載されたCabralの証言によると、彼女は映像を撮影していた際にセキュリティと思われる複数の男性から無理矢理会場の外へ追い出されたという。「私は携帯電話を持って頭の上に掲げていました。首の周りに腕がある気配を感じ、気がつくと私は持ち上げられていました。次の瞬間私は会場の外を見ていました」という言葉からは、彼女がかなり問題のある手荒な方法でつまみ出されたことが分かる。

Cabralは「警察は、”我々はあなたたちが映像を撮影しているという報告を受けた”と言っていました。その警察官は、私たちが悪意を持って撮影していると言ったんです。私の態度はごく普通のものでした。会場のみんなが携帯電話で動画を撮影していたんです。それ以前に警告も受けていません。突然暴行されたんです」と話し、セキュリティが自分たちのみをターゲットに前述の行動に出たのではないか、と推測している。

彼女の携帯電話は「ヘッドセットを付けた黒づくめの男」から返却されたが、そのコンサートの間の映像は全て削除されていたとのことだ。何かと怪しい話題の多いR. Kellyだが、今回の件でまた一つ疑惑が持ち上がってしまったことは間違いない。

RELATED

R. Kellyが保釈金や家賃未払いによって銀行口座を差し押さえられ貯金を失う

先月、10件の性的暴行罪で起訴され100万ドル(約1億1200万円)の保釈金を払い釈放されたR.Kelly。性的暴行罪以外の様々な罪状によって罰金の支払いを命じられているが、彼の貯金ではそれらの金額を支払い切れなかったようだ。

R. Kellyが自身のライブで「28秒間」しか演奏しなかった事が明らかに

先月ついに10件の性的暴行罪で起訴されたR.Kellyが4月7日、スプリングフィールドのイリノイクラブにてライブを行った。しかし、そのライブの内容が酷いものだった事が明らかとなった。

Wiz KhalifaがR. Kellyをからかう

昨日、ついにこれまでの沈黙を破り、公のインタビューに登場したR. Kelly。インタビューで彼は、自身にかけられている複数の女性への性的暴行容疑を全て否定したが、それよりも話題になったのはあまりに興奮した彼の姿だった。案の定、このインタビューはネットミームとなり多くの人々がR. Kellyをからかっている。そして、Wiz Khalifaもその内の1人だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。