Travis Scottのニューアルバム『Astroworld』がリリース | Drake、21 Savage、Kid Cudi、James Blakeなどが参加

Travis Scottが待望のニューアルバム『Astroworld』をリリースした。このアルバムは2016年にリリースされた『Birds In The Trap Sing McKnight』以来2年ぶりの作品となる。

Travis自身がデビューアルバム『Rodeo』に続く2作目になる予定だったと明かしたこのアルバムは、リリース前から彼自身の巨大な頭像がLAに設置されるなど彼らしい一風変わったプロモーションが行われてきた。

リリース前にはアルバムのアートワークが2種類公開されていたが、子供が写っている方が最終的に選ばれたようだ。

フィーチャリングアーティストとしてはDrake、21 Savage、Kid Cudi、James Blake、MigosのQuavo TakeoffやSwae LeeにThe Weekndも参加している。

愛娘Stormiちゃんに続き、「俺は俺のベイビーをドロップしたくてたまらないよ」と語っていたTravis。「ベイビー」をドロップしたいま、彼は人生最高の時を過ごしているにちがいないだろう。

RELATED

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

Travis Scottが観覧車型のセットに乗って回転しながらライヴを行う

名実ともに今年を代表するアルバムとなった『ASTROWORLD』をリリースして以来、その勢いを止めることなく活動を続けるTravis Scott。彼は現在『ASTROWORLD』の遊園地をモチーフにしたアートワークに因んで遊園地を思わせるようなステージングのツアーを行なっているが、そんな中でなんとステージに観覧車を登場させてしまった。

Travis ScottのA&Rが「"SICKO MODE"のDrakeのヴァースは『Astroworld』がリリースされる当日に完成した」と明かす

今年を代表するアルバムの一つとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。その中でもDrakeをフィーチャーした“SICKO MODE”は非常に人気が高い一曲だが、Drakeが同曲を制作した時の興味深いエピソードがTravis ScottのA&Rを務めるSickamoreによって明かされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。