ダンスチャレンジで大流行中のDrakeの"In My Feelings"が1週間でのストリーミング再生数歴代最多に

勢いの留まらないDrakeのニューアルバム『Scorpion』。収録されている楽曲”In My Feelings”がダンスチャレンジで大流行し、先週1週間で1億1620万ストリーミング再生された。1週間でのシングルストリーミング再生数の新記録となる。

先月末Drakeがリリースしたニューアルバム『Scorpion』が次々と新たな世界記録を打ち立てている。24時間でのストリーミング再生数の新記録や、7曲同時に全米シングルチャートトップ10にランクインしたことで歴史的なBeatlesの記録を塗り替えたことでも話題になった。

今回アルバムに収録された”In My Feelings”は初登場時はシングルチャートで6位であった。しかしアルバムリリース後に人気インスタグラマーのShiggyが#DoTheShiggyという曲に合わせたダンスを公開。#InMyFeelingsChallenge #kikichallengeというタグをつけて”In My Feelings”に合わせて踊るダンスチャレンジがバズり、Will Smithなどをはじめとする多くのスターもチャレンジしたことで大流行している。

この大流行による後押しもあり、“In My Feelings”は全米シングルチャートで1位に輝き、現在二週目も1位を維持したままである。しかしそれだけではなく、1週間でのシングルストリーミング数で”In My Feelings”は新記録を達成。先週1週間だけで1億1620万ストリーミングされたこの楽曲は、2013年5月の初週に1億310万回ストリーミング再生された“Harlem Shake”の記録を塗り替えた。

“Harlem Shake”も大流行したフラッシュモブ系のインターネットミームであり、この曲の登場によって全米シングルチャートにストリーミング数が含まれるきっかけとなったとされている。誰でも参加できるダンスチャレンジのような流行とストリーミング数の関係は密接なようだ。

#InMyFeelingsChallengeは、どれほど奇抜な場所や危険な状況で踊れるかというチャレンジでもあり、多くの人々が走行中の車のドアを開けて飛び出して踊っている。アメリカの国家運輸安全委員会は「走行中の車内から飛び出して踊ることをやめるように」とファンに向けて警告する声明を発表している。

先日のライブではDrake本人も曲中にShiggyダンスを披露した。

NAH @champagnepapi HIT THAT #DoTheShiggy ON STAGE .. WE FOREVER LIT MAN ? ???????? ??????#InMyFeelings ⭐️? #Love

Shoker?さん(@theshiggyshow)がシェアした投稿 -

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

Drakeが今年SpotifyとApple Musicで最もストリーミングされたアーティストに

今年はDrakeの年だったということだろうか。SpotifyとApple Musicが今年、最もストリーミングされたアーティストを発表し、Drakeが2冠を達成するという快挙を成し遂げた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。