Drakeが全米シングルチャートの10位以内に7曲同時ランクイン | 54年ぶりにビートルズの記録を塗り替える

MUSIC  2018.07.11  FNMNL編集部

先月末Drakeがリリースしたニューアルバム『Scorpion』から7曲が、今週のBillboardのHot100チャートのトップ10内に同時にランクイン。54年前にビートルズが成し遂げた、5曲同時にシングルチャートにのトップ10にランクインした歴代最高記録を塗り替える記録となった。

Drakeは6/30にニューアルバム『Scorpion』をリリース。このアルバムはリリース日に、Apple Musicで1億7千万回、Spotifyで1億3200万回の再生記録を達成し、両サービスの24時間での再生回数新記録を打ち立てた。

その後も1週間でストリーミング再生10億回超えという世界記録や、『Scorpion』の全25曲が全米シングルチャートにランクインし、 Drake名義の曲が27曲同時にチャート入りしたという世界記録など、1週間たっても勢いが衰えず次々と歴史を塗り替えていく。

すでにランクインしていたシングル曲”Nice for What”、”God’s Plan”、 “I’m Upset”は今週に入って順位をさらに上げ、加えて”Nonstop”、”In My Feelings”、”Emotionless”、”Don’t Matter To Me”の4曲が新たにランクインしたことで合計7曲がトップ10入り。1964年の4月にビートルズが打ち立てた5曲同時トップ10ランクインという記録を54年ぶり超えたことになる。306346bfd3d559ce10850e5a6943fb413dd81669

他にもマイケル・ジャクソンの持つ、歴代男性ソロアーティストのトップ10ヒット数記録を31曲という新記録で塗り替えた。マイケル・ジャクソンはDrakeの今回のニューアルバムに参加。”Don’t Matter To Me”で彼の未発表曲の音源がサンプリングされているとのこと。

Drake以外にもCardi Bが2曲、今週のトップ10にランクイン。また先日、XXXTentacionの”SAD!”が1位を記録しており、チャートの1位を24週連続でラップが独占。ヒップホップの勢いはまだまだ衰える様子を見せない。

MUSIC

FASHION

CULTURE