Will SmithがDrakeの“In My Feelings”チャレンジで頑張る

凄まじい売れ行きをみせているDrakeのアルバム『Scorpion』、その中の1曲である“In My Feelings”が巷で話題になっている。

ことの始まりは、Shiggyというコメディアンが自身のInstagramに投稿したこの動画。

#Mood : KEKE Do You Love Me ? ??? @champagnepapi #DoTheShiggy #InMyFeelings

Shoker?さん(@theshiggyshow)がシェアした投稿 -

この“In My Feelings”に合わせてダンスをする動画がバズり、“In My Feelings”Challengeとして世間に広まったのである。

“In My Feelings”Challengeには有名人も数多く参加しており、シンガーのTinasheやDJ Khaled、アメリカンフットボールプレイヤーのOdell Beckham Jrなどが自身のInstagramに投稿している。

Every day is a holiday when ur poppin ??❤️ ...happy 4th!

TINASHEさん(@tinashenow)がシェアした投稿 -

そんな中、このチャレンジに名乗りを上げたのが俳優のWill Smithだ。

動画とともに投稿されている文からも分かるように、彼はこのときハンガリーの首都ブダペストにいたようだ。動画の内容としては、部屋の窓から、街の象徴であるセーチェーニ鎖橋を眺めるWill Smithが次の場面で、その橋を“これは罪ではない”と言いながら登りはじめる。そして、橋の屋上に登りつめたWill Smithはそこで“In My Feelings”に合わせて踊るという内容となっている。
見れば分かるように、さすがエンターテイナーといった内容の“In My Feelings”チャレンジだ。

ところで、なぜ彼はブダペストにいたのだろうか。その答えはどうやら、これからリリースされる予定の彼の新たなラッププロジェクトの制作のためだったようだ。
先日、Rap Radarのインタビューに登場した彼はそのプロジェクトについて語っており、プロジェクトにはMeek MillやKanye West、そしてもちろんDrakeも参加しているとのこと。これが本当ならばものすごい作品になること間違いなしだが、リリース日など詳しい情報は明らかになっていない。

いずれにせよ、今のところ“In My Feelings”チャレンジはWill Smithのひとり勝ちといってもいいだろう。
彼を超えるチャレンジャーは現れるだろうか。

RELATED

Drakeが名ミックステープ『So Far Gone』の再々リリースによってFutureとBillboardチャートで1位を獲った回数で並ぶ

Drakeのデビューミックステープ『So Far Gone』といえば、今もなお名作として語り継がれる作品の1つだが、Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What's Real”が収録されていることもあり、権利の問題でこれまでストリーミングサービスでフルヴァージョンを聴くことは出来なかった。しかし、先日ついに『So Far Gone』のリリース10周年を記念して、各ストリーミングサービスでフルヴァージョンが配信された。そして、このリリースによってDrakeはBillboardのR&B/HipHopアルバムチャートで1位になった回数でFutureと並ぶこととなった。

Will Smithが今年公開の映画『バッドボーイズ3』の本読みの様子を公開

Will SmithとMartin Lawrenceの二人が演じる黒人警官コンビの活躍を描く人気シリーズ『バッドボーイズ』。その3作目となる『バッドボーイズ3(Bad Boys for Life)』の公開が来年1月に予定されている。そんな中、主演のWill Smithが同作の脚本の読み合わせをしている模様を公開し、話題を呼んでいる。

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。