Will SmithがDrakeの“In My Feelings”チャレンジで頑張る

凄まじい売れ行きをみせているDrakeのアルバム『Scorpion』、その中の1曲である“In My Feelings”が巷で話題になっている。

ことの始まりは、Shiggyというコメディアンが自身のInstagramに投稿したこの動画。

#Mood : KEKE Do You Love Me ? ??? @champagnepapi #DoTheShiggy #InMyFeelings

Shoker?さん(@theshiggyshow)がシェアした投稿 -

この“In My Feelings”に合わせてダンスをする動画がバズり、“In My Feelings”Challengeとして世間に広まったのである。

“In My Feelings”Challengeには有名人も数多く参加しており、シンガーのTinasheやDJ Khaled、アメリカンフットボールプレイヤーのOdell Beckham Jrなどが自身のInstagramに投稿している。

Every day is a holiday when ur poppin ??❤️ ...happy 4th!

TINASHEさん(@tinashenow)がシェアした投稿 -

そんな中、このチャレンジに名乗りを上げたのが俳優のWill Smithだ。

動画とともに投稿されている文からも分かるように、彼はこのときハンガリーの首都ブダペストにいたようだ。動画の内容としては、部屋の窓から、街の象徴であるセーチェーニ鎖橋を眺めるWill Smithが次の場面で、その橋を“これは罪ではない”と言いながら登りはじめる。そして、橋の屋上に登りつめたWill Smithはそこで“In My Feelings”に合わせて踊るという内容となっている。
見れば分かるように、さすがエンターテイナーといった内容の“In My Feelings”チャレンジだ。

ところで、なぜ彼はブダペストにいたのだろうか。その答えはどうやら、これからリリースされる予定の彼の新たなラッププロジェクトの制作のためだったようだ。
先日、Rap Radarのインタビューに登場した彼はそのプロジェクトについて語っており、プロジェクトにはMeek MillやKanye West、そしてもちろんDrakeも参加しているとのこと。これが本当ならばものすごい作品になること間違いなしだが、リリース日など詳しい情報は明らかになっていない。

いずれにせよ、今のところ“In My Feelings”チャレンジはWill Smithのひとり勝ちといってもいいだろう。
彼を超えるチャレンジャーは現れるだろうか。

RELATED

DrakeがKodak Blackの『Dying to Live』を「ここ5年間で一番好きなアルバム」と絶賛

先週末にリリースされたKodak Blackの最新作『Dying to Live』をDrakeが絶賛していることが明らかとなった。

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。