議員に立候補した元ラッパーの過去のリリックが問題に

楽曲の中で政治的な主張を行うラッパーはコンシャスラッパーと呼ばれ、ヒップホップシーンに数多く存在している。しかし、もしもそのようなアーティストが政治家を目指して活動する場合、過去の楽曲の内容が問題になってしまうこともあるようだ。

ニューヨーク州の都市スケネクタディ出身のAntonio Delgadoはニューヨーク19区の議員に立候補している。Delgadoが選挙活動を続けてゆく中で、彼がかつてラッパーとして活動していた際のリリックが議論の対象になっているという。

10年以上前にラッパーAD the Voiceとして知られていたDelgadoは2006年にアルバム『Painfully Free』をリリースしており、そこには人種差別や経済的不平等、アメリカの奴隷制の歴史をテーマにした楽曲が収録されていた。

それらの楽曲にはNワードが頻繁に使用されている他、白人至上主義や過去の大統領、ハリケーンカトリーナへの政府の対応やアメリカの二大政党制に対する批判も含まれている(ちなみに『Painfully Free』は現在廃盤になってしまっているが、彼のシングル集『Maxi-Single』は今でもSpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービス上で聴くことが出来る)。

共和党からの対立候補であるJohn Fasoは、それらのリリックを「攻撃的かつ物議を醸すもの」であるとして激しい批判を浴びせている。New York Timesの取材に対して、Fasoは「彼の歌詞の内容はニューヨーク19区の多くの住人たちの考え方と一致するものではない。19区の人々はこの国の正しい姿を代表しているからだ。Delgado氏のリリックはアメリカを醜く、間違った形で描写している」とDelgadoのラップが不適切なものであることを訴えた。

これらの批判に対し、同じくNew York Timesの取材を受けたDelgadoは「ラップと政治は文脈もやり方も違うが、それでも俺は同じ内容を訴え続けている。収入格差やジェンダーの問題、環境汚染や気象の変化…。これらは全て俺がアーティストとして歌ってきたことで、そして今候補者として話していることだ」と自身の主張を曲げる意思は無いことを語っている。

AD the Voiceの楽曲は今のアメリカと共通する問題がテーマのコンシャスなものであり、例え過激な表現が含まれていたとしても「アメリカの間違った姿を描写している」との批判には首を傾げざるを得ない。John Fasoはフードスタンプなどの福祉を厳しくカットするような公約を掲げているというが、対するDelgadoはヘルスケアや教育、環境保護の促進を訴えているそうだ。ラッパー出身のリベラルな政治家が選挙に勝利することを望む者は少なくないだろう。

RELATED

写真でヒップホップの歴史を辿る書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行

12/21(金)に書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行となる。この本はタイトル通り、誕生から45周年を迎えたヒップホップの歴史を作ってきた写真に焦点を当て、決定的な一枚とアウトテイクを掲載しているもの。

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

タイの軍事独裁政権を批判するラップチューンのミュージックビデオが大きな話題に

Studio Voiceのアジアの音楽シーンを特集した最新号でも大きくフィーチャーされるなど、盛り上がりをみせているタイのラップシーンから飛び出した1曲のミュージックビデオが大きな話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。