DrakeがDJ AkademiksにPusha Tへのアンサーをリリースしない理由を打ち明ける

今年の5月にPusha Tとのビーフを始め、強烈なディス曲”The Story of Adidon”のリリース以来沈黙を保ってきたDrakeだが、待ち望まれているDrake側からのアンサーが行われない理由をDJ Akademiksが語った。

Akademiksは自身のYoutubeチャンネルにおいてDrakeから直接アンサーをしない理由を聞いたと語っており、動画によるとDrakeは「ビーフが音楽を超えてしまった」「このままビーフがエスカレートしていくと取り返しのつかないことになると思った。」とAkademiksに打ち明けたという。

Drakeはビーフによって自身が「とても暗い場所」に陥ることを恐れているそうで、このまま敗北という形でビーフ打ち切ることでしか状況を打開できないと判断したようだ。Drakeは今月末に最新作『Scorpion』のリリースを控えている。

RELATED

Pusha Tのライブ中スクリーンに“F**k Drake”の文字が表示されるも本人は関与を否定

ヒップホップシーンにおいて今年の上半期最大の話題になったと言っても過言ではないPusha TとDrakeのビーフ。Pusha Tによる強烈なディス曲“The Story of Adidon”に対するDrakeの返答が無いままビーフは終結したが、半年が経過した現在もその余波は残っているようだ。

Travis ScottのA&Rが「"SICKO MODE"のDrakeのヴァースは『Astroworld』がリリースされる当日に完成した」と明かす

今年を代表するアルバムの一つとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。その中でもDrakeをフィーチャーした“SICKO MODE”は非常に人気が高い一曲だが、Drakeが同曲を制作した時の興味深いエピソードがTravis ScottのA&Rを務めるSickamoreによって明かされた。

Too $hortがDrakeを「音楽家としてビートルズやマイケル・ジャクソンと肩を並べた」と評価

先日、一年の間で全米チャートトップ10に楽曲をランクインさせた数でThe Beatlesの記録を更新したDrake。今年リリースされた『Scorpion』でストリーミングにおける記録の数々を打ち立てて名実ともに歴史的なヒットメーカーとなった彼を、80年代より活動してきた西海岸のレジェンドであるToo $hortが評価している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。