Juice WRLD | 青いセンチメンタリズム

“Lucid Dreams”のヒットで一躍その名が知れ渡ることとなったJuice WRLD。Stingの”Shape of My Heart”をサンプリングしたエモーショナルなビートの上で別れた恋人に対する思いを歌った同曲はビルボードチャートで9位を記録し、ゆくゆくは1位となるのではないかといった噂がまことしやかに囁かれている。

Juice WRLDはシカゴ出身のラッパーで、高校のラジオ局でフリースタイルを披露することからキャリアをスタートし、2015年からSoundCloud上に曲をアップロードするようになった。

その後も順調にキャリアを重ね、2017年に発表したEP『999』に収録された”Lucid Dream”がヒットし、Interscope Recordsと300万ドルで契約。今年の3月には1stアルバム『Goodbye & Good Riddance』をリリースした。

Juice WRLDのリリックは主にドラッグと人間関係における不安や苦悩といったテーマで占められ、いわゆるエモラップやオルタナティブラップといった名前でカテゴライズされてはいる。

彼はFall Out BoyやPanic! at the Discoといったバンド(小学生の時に同じクラスだった女の子からこういったバンドを教えてもらっていたという)や、Chief Keef、Kanye Westのような地元シカゴのラッパーから影響を受けており、特にKanyeの『808s & Heartbreak』に強くインスパイアされたことを様々なインタビューにおいて語っている。
Lil Uzi VertやXXXTentacion、Lil Peepといった同じくエモラップと呼称されるラッパーと比較すると、彼の音楽はよりカジュアルかつ青いセンチメンタリズムに満ちているような印象を受ける。そこには確かに自殺という言葉やドラッグが出てくるが、彼の場合はそこに常に恋愛というものが先行している。恋愛に敗れた結果として出てくる死は、どこか比喩的であり精神的なもののように映る。

Kanye WestやKid Cudiの系譜にありながら、例えば学校などでの憂鬱を抱えているティーンたちのようなリスナーにとってより身近に感じられるような音楽を彼は作っているように聴こえる。

The BeatlesやBilly IdolからSkrillexやThe Chainsmokersに至るまで幅広い音楽を聴いていたという彼の音楽は、ダークさや内向性と共に様々な層にとって受け入れられやすいポップさを持ち合わせている。
彼はLyrical Lemonadeのインタビューにおいて自分のようにネガティブな感情を抱いている人に曲を届けたいとしており、一種の治療のような気持ちで音楽を作っていると語っている。

Juice WRLDは現在、今年のXXL Freshmanにも選出された友人のSki Mask The Slump Godと共にミックステープの制作に取り組んでいるという。これからどのような活躍を見せていくのだろうか。(山本輝洋)

RELATED

【スペシャルフォトレポート】Rolling Loud LA | 世界最大級のヒップホップフェスの熱狂

Rolling Loud FestivalはLil Pump、Ski Mask the Slump God、Smokepurpp、そして20才という若さでこの世を去ったXXXTentacionなど、当時SoundCloudでバズりかけていたマイアミベースのアーティスト達を集結させ、その人気を一気に全米へ押し上げた。

Juice WRLDの“Lean Wit Me”が自身の楽曲を剽窃しているとして十代のアーティストが訴訟を起こす

以前は大ヒット曲“Lucid Dreams”のサンプル使用料を巡る争いに巻き込まれていたJuice WRLDが、またしても新たな訴訟問題を抱えているようだ。

Juice WRLDが自身とガールフレンドの破局を望むファンに「黙れ」と発言

“Lucid Dreams”や“All Girls Are The Same”などエモーショナルな楽曲で大ヒットしたJuice WRLD。失恋などをテーマにした歌詞を多く書いている彼だが、どうやら実生活も楽曲通りになることを望むファンもいるようだ。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。