Juice WRLD | 青いセンチメンタリズム

FEATURED  2018.06.18  FNMNL編集部

“Lucid Dreams”のヒットで一躍その名が知れ渡ることとなったJuice WRLD。Stingの”Shape of My Heart”をサンプリングしたエモーショナルなビートの上で別れた恋人に対する思いを歌った同曲はビルボードチャートで9位を記録し、ゆくゆくは1位となるのではないかといった噂がまことしやかに囁かれている。

Juice WRLDはシカゴ出身のラッパーで、高校のラジオ局でフリースタイルを披露することからキャリアをスタートし、2015年からSoundCloud上に曲をアップロードするようになった。

その後も順調にキャリアを重ね、2017年に発表したEP『999』に収録された”Lucid Dream”がヒットし、Interscope Recordsと300万ドルで契約。今年の3月には1stアルバム『Goodbye & Good Riddance』をリリースした。

Juice WRLDのリリックは主にドラッグと人間関係における不安や苦悩といったテーマで占められ、いわゆるエモラップやオルタナティブラップといった名前でカテゴライズされてはいる。

彼はFall Out BoyやPanic! at the Discoといったバンド(小学生の時に同じクラスだった女の子からこういったバンドを教えてもらっていたという)や、Chief Keef、Kanye Westのような地元シカゴのラッパーから影響を受けており、特にKanyeの『808s & Heartbreak』に強くインスパイアされたことを様々なインタビューにおいて語っている。
Lil Uzi VertやXXXTentacion、Lil Peepといった同じくエモラップと呼称されるラッパーと比較すると、彼の音楽はよりカジュアルかつ青いセンチメンタリズムに満ちているような印象を受ける。そこには確かに自殺という言葉やドラッグが出てくるが、彼の場合はそこに常に恋愛というものが先行している。恋愛に敗れた結果として出てくる死は、どこか比喩的であり精神的なもののように映る。

Kanye WestやKid Cudiの系譜にありながら、例えば学校などでの憂鬱を抱えているティーンたちのようなリスナーにとってより身近に感じられるような音楽を彼は作っているように聴こえる。

The BeatlesやBilly IdolからSkrillexやThe Chainsmokersに至るまで幅広い音楽を聴いていたという彼の音楽は、ダークさや内向性と共に様々な層にとって受け入れられやすいポップさを持ち合わせている。
彼はLyrical Lemonadeのインタビューにおいて自分のようにネガティブな感情を抱いている人に曲を届けたいとしており、一種の治療のような気持ちで音楽を作っていると語っている。

Juice WRLDは現在、今年のXXL Freshmanにも選出された友人のSki Mask The Slump Godと共にミックステープの制作に取り組んでいるという。これからどのような活躍を見せていくのだろうか。(山本輝洋)

MUSIC

FASHION

CULTURE