FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

今週月曜にXXLのカバーストーリーに登場したFutureは、「今日この日まで、まだ心を痛めてる。Juice WRLDの冥福を祈るよ。彼は素晴らしいアーティストだ。もっと沢山やれることがあった」と語った。

Juice WRLDはかつて『WRLD ON DRUGS』レコーディングの際Futureに「あなたの影響でリーンを飲み始めた」と話したところ謝罪された経験を明かしていた。そのような背景もありJuice WRLDの死に責任を感じているFutureは「俺はドラッグについて影響力を持っているが、それは俺の意志じゃない。俺はただ俺自身であろうとしているだけだ。でも同時に、俺はみんなに自分自身を傷つけたり死なせるようなことをしてほしくない。Juice WRLDは微妙な状況にいたんだ。全てに心を痛めてるよ。彼の家族、彼の母親のことを想ってる」と正直な心境を述べている。

かつてFutureの影響でリーンなどのドラッグを始めたというJuice WRLDも、一時は恋人との関係や自身の健康を保つためにドラッグを断ち健康的な生活を送ることを宣言していた。しかし彼の直接的な死因はプライベートジェットの中を警察に捜査された際、警察から逃れるために所持していた薬物を一気に服用したことにあり、死の直前には再びドラッグに手を出してしまっていたことが分かる。

ドラッグをテーマとした楽曲を多く発表しているFutureのようなアーティストがファンに影響を与えてしまうケースは数多く存在するが、楽曲の内容をあくまでアートの一環として楽しむことが自身の身を守るためにも必要なのだろう。

related

OctavianがSkeptaをエグゼクティブプロデューサーに迎えたデビューアルバムをリリースへ | Futureを迎えた"Rari (Chapter 1)"を先行発表

ESSI GANGの中心人物でもあり、ジャンルの垣根を越えて活動するロンドンのラッパー・ソングライターOctavianが、近日リリースが見込みのデビューアルバムの1曲目となる新曲“RARI (CHAPTER 1)”のミュージックビデオを公開した。

FutureとLil Uzi Vertのコラボプロジェクトが来週リリースか|ティザームービーも公開

待望のニューアルバム『Eternal Atake』のリリースも話題を呼んだLil Uzi Vertと、最新作『High Off Life』も好評であったFuture。そんな二人が、7月31日にコラボプロジェクトを発表することを予告し大きな注目を集めている。

Futureが「トラップをポップミュージックに押し上げたのは俺だ」と主張

先週金曜日にニューアルバム『High Off Life』をリリースしたFuture。そんな彼が、トラップミュージックに自身がもたらした功績を自ら主張し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。