FutureがJuice WRLDが自身の影響でリーンを飲んだと知って謝罪する

先日リリースされたFutureとJuice WRLDの二人によるアルバム『WRLD ON DRUGS』。わずか5日間でレコーディングされたことでも話題となっている同作だが、レコーディングの最中にJuice WRLDが何気なく発した言葉がFutureを深く反省させたという。

Vultureで公開されているインタビューにて、Juice WRLDはレコーディングの初日に「あなたの曲を聴いて初めてリーンを飲もうと思ったんです」と告白したことを明かしている。「最初にそのことを話したんだ。するとFutureは“うわぁ”とだけ言って、反省してるみたいだった」という言葉から、Juice WRLDを自身の影響で間違った方向に導いてしまったことにFutureはショックを受けたらしい。

代表曲“Mask Off”をはじめドラッグをテーマにした曲を非常に多く作っているFutureだが、自身の影響で若者がドラッグを始めることについて責任を感じているのは意外だ。

しかし、Juice WRLDはその後リーンなどのドラッグを続けることはなく健康的なライフスタイルに移行したとのこと。「自分自身について気づいたことがあったんだよ。ドラッグが人生にどんな影響を与えるか分かったんだ。それで、距離を置こうと思った」と語る彼は、ドラッグが自身に与える影響を冷静に判断して止めることを選択出来るクレバーさを持っていることが分かる。

人々が好きなアーティストの歌詞や言動に影響を受けて間違った道に進んでしまうことは珍しくないが、Juice WRLDのように一度冷静に考えてみることも必要なのかもしれない。

RELATED

Futureがエルトン・ジョンとスタジオ入りしたことが明らかに

Young ThugとのコラボレーションやQ-Tipとの対談で話題を呼ぶなど、ヒップホップと積極的に関わりを持つことで知られるエルトン・ジョン。そんな彼が、Futureと共にスタジオ入りし共に曲を作っていたことが明らかとなった。

Juice WRLDが現在のラップシーンに対して「クソ生温い」と語る

3月にリリースした2ndソロアルバム『Death Race For Love』が、全米アルバムチャートで1位を獲得したJuice WRLD。彼は3月29日に公開されたNMEのインタビューの中で、現在のラップシーンに対して一石を投じている。

Futureが批判の対象となっているGucciについて「自分の金で買った物だから着続ける」と語る

人種差別を連想させるセーターを発売したことで物議を醸し、一部の間で不買運動が行われているGucci。先日は不買運動の急先鋒であるT.I.がGucciを来ていた一般男性に道端で説教をしたことが報じられたが、今回、FutureがGucciを批判する声についてリアクションしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。