Juice WRLDがコデインを完全に断つことを宣言

ここ10年以上の間ヒップホップシーンを中心に大きな問題となっているリーン。以前「Futureの影響でリーンを初めて飲んだ」と語っていたJuice WRLDが今回、コデインを断つことを宣言した。

ComplexによるとJuice WRLDは今週火曜日に自身のTwitterで「健康のためにあれをやめることにした。もうあれとは終わりだ」と発言。

続けて、彼のガールフレンドであるLottiの「お願い」というリプライに対し「中途半端で本当にごめん。君は誰よりも我慢してたし、俺は君を怖がらせてた。ファックコデイン、もう終わりだ。(中略)薬物中毒は人を殺すけど、乗り越えることが出来る」と、恋人のためにコデインを断つことを公表した。

SNSでリーンをやめると宣言することには賛否両論あり、以前はPlayboi Cartiが同様の行為を「ダサい」と評し話題となった。中にはLil Pumpのように何度ドラック断ちを宣言しても再開してしまう者もいるが、今回のJuice WRLDのように近しい人のためにドラッグをやめる場合はその覚悟や信憑性ともに彼らとは比べものにならないと言えるだろう。

勇気ある決断をしたJuice WRLDが、今後も健康にガールフレンドとの生活を送れるよう願うばかりだ。

RELATED

Young ThugとJuice WRLDのコラボアルバムが今年中にリリースか

先日、Rich Homie Quanとは今後コラボしないと発言していたYoung Thugだが、そんな彼が同インタビュー内で現在、Juice WRLDとのコラボアルバムを制作中であることを明かした。

Tygaが「リリックを書かないから全く覚えていない」と語る

YGとの“Go Loko”がヒットし、アルバム『Legendary』も好調なTyga。そんな彼が、インタビューで自身のリリックとレコーディングの方法を明かしている。

Juice WRLDがYoung Thugとコラボアルバムを作っていることをほのめかす

昨年にはFutureとのコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』を発表するなど、他アーティストとのコラボにも積極的なJuice WRLD。そんな彼が、新たにYoung Thugとのコラボアルバムを制作中であることをほのめかしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。