Jordan Rakeiが最新作を引っさげての来日公演を開催

ロンドンを拠点に活動するオーストラリア出身のマルチ・プレイヤーJordan Rakei。Loyle Carnerの最新作『Not Waving, But Drowning』にゲスト参加したことでも知られている彼が、最新作を引っさげての来日公演を行う。

Jordan Rakeiは6月に最新作『Origin』をリリース、ここ日本でも話題となっている中、日本公演は9/3~9/5まで東京のCOTTON CLUBで開催。

最新作では、彼がこれまで追求してきた内省的な音世界から一転して、ぐっと解放感あふれるサウンドを展開。凜としたクールネスを維持しながらも、ディスコ/ファンクにアプローチしたキャリア史上最もダンサブルな楽曲や、スピリチュアル・ジャズ調な楽曲など、随所で新機軸を打ち出している。

国内盤にはボーナストラック「Always Coming」が追加収録される。各配信サービスでも配信中。また、AmazonやBeams Recordsなど対象店舗ではアコースティック音源が収録された特典CDが付属する。

Info

Label: Ninja Tune / Beat Records
artist: Jordan Rakei
title:Origin

release: NOW ON SALE

BRC-589 ¥2,400+tax
国内盤特典 ボーナストラック追加収録 / 歌詞対訳・解説書封入

[ご購入はこちら]
BEATINK.COM:
www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10248

Jordan Rakei
公演日: 2019. 9.3.tue - 9.5.thu
会場: COTTON CLUB (コットンクラブ)

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。