急逝したJuice WRLDの死因がオーバードーズによるものだったと明かされる

昨年12月に地元シカゴの空港で急逝したJuice WRLDの死因が発表された。

XXLによればJuice WRLDは、半合成麻薬のオキシコドンと、コデインの過剰摂取による中毒が死の直接の原因になったと、現地の福祉保健局が発表した。また自殺などではなく、事故だったともあわせて発表された。

Juice WRLDは、FBIとFAA(連邦航空局)の捜査の目をかいくぐるために鎮痛剤であるパーコセットの錠剤を複数服用したとも伝えられており、これがオーバードーズを引き起こすきっかけになった可能性が高いといえるだろう。

高いスキルとメロディーセンスで圧倒的な才能を発揮していたJuice WRLD、もう彼の新曲を聴くことができないのは残念でならないが、彼がラップシーンに残してくれたものは大きい。

related

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

Juice WRLDの未発表曲が約2000曲遺されていることが明らかに

昨年末に地元・シカゴの空港でオーバードーズを起こし帰らぬ人となったJuice WRLD。生前からレコーディングスピードの速さについても話題になっていた彼だが、遺されていた未発表曲が約2000曲にものぼることをTMZが報じている。

故Juice WRLDのガールフレンドがRolling Loudでファン達にメッセージ

今年もロサンゼルスにて、世界最大級のヒップホップフェス『Rolling Loud』が開催された。先週末にかけて行われた同フェスは、Lil Uzi VertやFutureなど相変わらずの豪華なラインナップで、大きな盛り上がりを見せた。そんな中、先日突如この世から去ってしまった故Juice WRLDのトリビュートステージにて彼のガールフレンドであるAlly Lottiがファン達にメッセージを送った。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。