故Juice WRLDのガールフレンドがRolling Loudでファン達にメッセージ

今年もロサンゼルスにて、世界最大級のヒップホップフェス『Rolling Loud』が開催された。先週末にかけて行われた同フェスは、Lil Uzi VertやFutureなど相変わらずの豪華なラインナップで、大きな盛り上がりを見せた。そんな中、先日突如この世から去ってしまった故Juice WRLDのトリビュートステージにて彼のガールフレンドであるAlly Lottiがファン達にメッセージを送った。

同フェスの2日目である日曜日に行われたJuice WRLDのトリビュートステージに彼女は登場。声を震わせながら、彼が大切にしていた数字である“999”になぞらえてスピーチを行っている。


「ハロー、私はここに来て、Jarad(Juice WRLDの本名)がこの地球上に居る自身を応援してくれた1人1人を愛していたってことを皆に伝えたかっただけ」と語り始めたAllyは続けて「彼は文字通り全ての人を愛していた。彼のあなた達を想う気持ちと私に見せてくれた愛は一度たりとも同じではなかった。彼は皆に誰しも人生において悲しい、辛いことを経験するってことを知って欲しかったの。彼はことある毎にそのことを話していたと思う。でもそれをポジティヴに変えるの。999に変えるの。皆それを心に留めておいてね」と述べ、Juiceが1人1人に向けて様々な愛を与えていたとファン達に伝えた。ちなみに彼が大切にしていた“999”という数字は、悪魔崇拝を表す“666”を逆さまにしたものでAllyが言っていたように辛いこともポジティヴに変えるといった意味合いが込められている。

Ally以外にもトリビュートステージには生前Juiceと親交のあったG HerboやA Boogie Wit Da Hoodie、Cole Bennett、YBN Cordaeらが出演した。


フルセットは下の動画から

related

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

Juice WRLDの未発表曲が約2000曲遺されていることが明らかに

昨年末に地元・シカゴの空港でオーバードーズを起こし帰らぬ人となったJuice WRLD。生前からレコーディングスピードの速さについても話題になっていた彼だが、遺されていた未発表曲が約2000曲にものぼることをTMZが報じている。

急逝したJuice WRLDの死因がオーバードーズによるものだったと明かされる

昨年12月に地元シカゴの空港で急逝したJuice WRLDの死因が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。