故Juice WRLDの家族が生前の彼がドラッグを克服するため努力していたことを明かす

今週日曜日にパーコセットの過剰摂取によって21歳の若さで命を落としてしまったJuice WRLD。そんな彼が、生前薬物依存を克服するために努力を重ねていたことが明かされている。

Compexによると、Juice WRLDの母親であるCarmella WallaceがTMZの取材に対し、「心の底からJarad(Juice WRLDの本名)を愛していたし、彼と過ごす時間がこんなに短く終わってしまったことが信じられません。彼が自分の曲の中で語っていたり、ファンのみんなに話していたように、Jaradは処方箋薬への依存と戦ってきました」と語っている。続けて「薬物依存には境目が無く、それと戦っている人を遥かに超えるような影響を及ぼします。Jaradは息子であり兄弟であり孫であり友人であり、彼が薬物中毒を乗り越えることを多くの人が望んでいました。Jaradが遺した愛、喜び、誠実さはこれからも生き続けると思います」として、彼がドラッグによって命を落としてしまった無念を吐露しながらも追悼を行なっている。

今年の7月にはリーンを断つことを宣言していたJuice WRLDだったが、今回彼が命を落とすきっかけとなったプライベートジェットの中にはコデインの瓶が隠されていたという。ドラッグ中毒を克服する意志があってもなお完全に断つことは難しいことを実感させられるとともに、残念と言う他ない。

Juice WRLDの死を一つのきっかけに、ヒップホップシーンで改めて処方箋薬との付き合い方を見直す動きが起こることを願うばかりだ。

related

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

Juice WRLDの未発表曲が約2000曲遺されていることが明らかに

昨年末に地元・シカゴの空港でオーバードーズを起こし帰らぬ人となったJuice WRLD。生前からレコーディングスピードの速さについても話題になっていた彼だが、遺されていた未発表曲が約2000曲にものぼることをTMZが報じている。

急逝したJuice WRLDの死因がオーバードーズによるものだったと明かされる

昨年12月に地元シカゴの空港で急逝したJuice WRLDの死因が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。