Juice WRLDが亡くなる直前に警察の捜査から逃れるために複数の鎮痛剤を服用していたことが明らかに

2日前に突如この世を去ったJuice WRLD。多くのアーティストが彼に対し哀悼の意を示す中、徐々に彼が亡くなった当日の状況が明らかになってきた。

TMZによると、今週日曜日にカリフォルニアからシカゴのミッドウェー国際空港に自身のプライベートジェットで移動していたJuice WRLDとクルー達は当時、複数の銃を所持しており、プライベートジェットの操縦士はそのことを地上の当局に予め警告していたとのこと。その後、Juice WRLDらが着陸した際に、待機していたFBIとFAA(連邦航空局)の捜査官により機内の捜査が行われた。そして、その際にJuice WRLDは捜査の目をかいくぐるために、鎮痛剤であるパーコセットの錠剤を複数服用したそう。それにより、彼がオーバードーズを引き起こした可能性が高いとみられている。

また、Juiceは当局が機内を捜査している最中に痙攣を起こし、その後心停止したとChicago Tribuneは伝えている。彼が痙攣を起こした際に、捜査員が強力な麻薬拮抗薬ナロキソンを与えたことにより、Juiceは意識を保っていたものの、ろれつが回らない状態だったとのこと。捜査の中で警察は計3つの銃を発見し、同時にJuice WRLDの2人のボディガードを逮捕、さらにJuiceらクルーの荷物からは約32キロのマリファナとコデインの入ったボトルが6本発見したそうだ。逮捕された2人のボディガードは銃器に関する軽罪で起訴されている。

加えて、TMZが入手した当時の音声によると捜査員は現場の従業員に向けて、救急車を何度も要請したそう。その後、救急隊員はJuice WRLDを安定させるために40分近くを費やしたと伝えられており、最終的に近くの病院に搬送された彼は現地時間の午前3時6分に息を引き取ったとのこと。月曜日に検死が行われたものの、現時点ではまだ直接の死因は明らかになっておらず、さらなる検査が必要だそうだ。

ドラッグや銃を所持していたことは決して擁護することは出来ないが、当時の彼の状況を思うと胸が痛む。願わくば、焦ってドラッグを服用せずに素直に警察の指示に従っていて欲しかったというのが正直なところである。

related

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

Juice WRLDの未発表曲が約2000曲遺されていることが明らかに

昨年末に地元・シカゴの空港でオーバードーズを起こし帰らぬ人となったJuice WRLD。生前からレコーディングスピードの速さについても話題になっていた彼だが、遺されていた未発表曲が約2000曲にものぼることをTMZが報じている。

急逝したJuice WRLDの死因がオーバードーズによるものだったと明かされる

昨年12月に地元シカゴの空港で急逝したJuice WRLDの死因が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。