Meek MillがDrakeとのビーフが終了したと宣言しコラボする可能性を示唆

MUSIC  2018.05.11  FNMNL編集部

2015年以来ビーフを続けていたDrakeとMeek Millの二人だが、先日とうとうMeek Mill側からビーフの終了がアナウンスされた。

Meek MillはHot 97の人気番組『The Breakfast Club』上で、現在のDrakeとの関係性について尋ねられ、#FreeMeekMill ムーブメントの際にDrakeがサポートを行ったことに深く感謝していると述べている。

また、今後音楽面においてDrakeと関わっていくことについては「有り得るよ。全ては起こり得るんだ。俺は彼にヘイトを向けていないし、彼が俺を憎んでいるとは思ってない。」と言い、「俺たちはラップについて争っていたんだ。俺は人間としての彼を知っているし、俺をサポートしてくれた。Drakeは今の音楽で最も大きな存在の一つだ。」と発言している。

元々Meek MillがTwitter上でDrakeがゴーストライターに自分のリリックを書かせていることを暴露したことから始まったこのビーフだが、Meek Millの裁判の問題が大きな話題となるなど様々なことを経ていくにつれお互いに成長したということだろうか?Meek Millはこのビーフの終了について「Drakeはたぶん、大人の男として、『これはいつまで続くんだ?』って感じだったんだと思う。俺は俺の足で立ってるし、あいつもあいつの足で立ってる。」と振り返っている。

激しいビーフを繰り広げた二人の邂逅は実現するのだろうか?

MUSIC

FASHION

CULTURE