Drakeがライブ中に仇敵のMeek Millに対し「Free Meek Mill」とシャウトアウトを送る

現在Meek Millは裁判官の不当な介入によって、2~4年の投獄の危機にさらされている。多くのラッパーたちがそれに抗議する中で、あの天敵DrakeもMeek Millの釈放を求めるコメントを発表した。

Drakeは土曜日に開催されたオーストラリアのメルボルンでのライブ中に、"Free Meek Mill"と書かれたTシャツを着ている観客を発見。「おれもFree Meek Millと願っている。あなたは正しいよ」と長年ビーフ関係にあるMeek Millに対しシャウトアウトを送った。

2人の関係はMeek Millが「Drakeがゴーストライターを使っている」と非難したことをきっかけに、悪化しその後Drakeが立て続けにMeek Millに対するディス曲を発表するなど、最悪の状態になっていた。しかしMeek Millの危機に際しDrakeがシャウトを送ったことがきっかけとなり、改善されるのだろうか?

RELATED

Kanye Westの娘NorthちゃんがDrakeの“In My Feelings”を歌う

ダンスチャレンジの流行によって今年を代表するヒット曲となったDrakeの“In My Feelings”。いまやアメリカに住んでいる人なら誰もが一度は耳にしたことがあるであろうこの曲を、Kanye Westの愛娘であるNorthちゃんが歌っている動画がInstagramに投稿された。

Childish GambinoとDrakeがMac Millerをライブで追悼

先週金曜日、自宅で倒れて亡くなっているのが発見されたMac Miller。26歳という若さでの突然の死によって、ヒップホップシーン全体に衝撃が広がっている。

DrakeのライブにMeek Millが登場しビーフが終結 | 「精神の平和を感じた」とDrakeはコメント

ゴーストライター問題などを巡って2015年より続いたDrakeとMeek Millのビーフ。その後Meek Millの逮捕を受けてDrakeが彼をサポートしたこともありビーフの終了がMeek Mill側からアナウンスされていたが、今回ついに二人の公の場での共演が実現した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。