連邦法でマリファナの非犯罪化を求める法案が提出へ | 一気に全米レベルでの合法化が進む可能性

州ごとにマリファナが解禁され始めているアメリカで、一気に全米レベルでマリファナの使用や売買が非犯罪化される可能性が出てきた。

民主党のNY選出の上院議員で連邦上院院内総務を務めるチャック・シューマー議員がVICEのインタビューに登場。連邦法でマリファナの非犯罪化を規定する法案を提出すると発表した。

シューマー議員は「究極的にこの権利は達成されるべきだ。自由だ。もしマリファナを吸った人に傷つけられる人がいなければ、なぜ私たちはそれを人々に許可しないのか?なぜそれを犯罪にするのだろうか?」と議員は語った。

この法案は麻薬取締局の規制物質リストからマリファナを取り除くことで、全米レベルでのマリファナの禁止を終わらせ、各州の規制方法に委ねるというものだ。議員はこの法案を合法化とは呼ばずに、この非犯罪化は実質的に合法化とほぼイコールだろう。

議員はまた自身の地元であるNYでの合法化にも意欲をみせており、「ベストなのは各州自身が決定を行うことだ」と、現在もマリファナが違法となっている州にも議論を促した。

シューマー議員は「私はそれが正しいと思うからやっている、マリファナが犯罪であることで、多くの人々が投獄され人生が台無しになっているのを見た」と語っている。

連邦法が変更になれば、これまで消極的だった各州の見解にも大きな影響が出そうだ。一気に全米での解禁と事態は推移していくのだろうか?

シューマー議員のインタビューはこちらで見ることができる。

RELATED

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

マリファナ販売サイトが閉鎖中のアメリカ政府機関の職員に無料で医療用マリファナを提供

アメリカでは昨年末より現在に至るまで、トランプ大統領による政府の一部閉鎖が続けられている。その影響で政府の職員は一ヶ月近くの間無給での労働を強いられており、Cardi Bが抗議を行うなど様々な方面から批判の声が寄せられている。そんな中、日本では予想も出来ない方法で連邦政府職員をサポートしようとする者が現れた。

タイで医療用大麻の使用を認める法案が可決され東南アジア初の容認国に

以前、タイの国会において医療用大麻の使用を認める法案が提出されたことを報じたが、昨日、無事法案が可決された。これによりタイはアジア初の容認国となる。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。